芸能

さんまとマツコをアキレさせた!ショボすぎ芸能人が出没する飲食店「アタマにくるほどのムダ情報」

 10月16日放送の「週刊さんまとマツコ」(TBS系)は、「ここに行けば会える!?芸能人出没飲食店マップ2022」と題し、鬼越トマホークが徹底リサーチしたという、都内の「芸能人が出没する激ウマ店」を紹介した。

 進行役の平成ノブシコブシ・吉村崇が「まずは渋谷区エリアからいきましょうか」と始めると、「渋谷区はそらまぁ、凄い人たちが多いやろなぁ」とさんま。紹介されたのは恵比寿駅から徒歩3分の「恵比寿横丁」だった。

 ビル内に様々なお店が入る飲み屋街で、ちょっと前まで「ガールハントの聖地」と呼ばれていた場所だそうだ。ここに出没する芸能人として挙がったのは、クマムシ、バンビーノ、元ピスタチオの小澤慎一朗。

 これにさんまが苦言を呈する。「番組上、これ、ツカミとしてはアカンよね。芸能人が来る店ということで、期待したと思うねん」と、顔ぶれの弱さにダメ出しをカマしたのだ。

 坂井良多(鬼越トマホーク)もこれに追随して「一流芸能人が行くというよりは、ほんとに『中途半端な俳優』とかいっぱいいます。ちょうど『中途半端な俳優』の生ガールハントが見られる場所です」とフォロー。その「中途半端な俳優」の名前が知りたいところだが、そこは明かされず。

 続いては中野区エリア。中野駅から徒歩5分の、元幕内力士がオーナーをつとめるジンギスカン屋が紹介される。ジンギスカンの本場・北海道出身の吉村も「行ったことがある」という店だが、出没する芸能人として挙がったのは、鬼越の坂井、あばれる君、キラー・カーンというスキンヘッド芸能人ばかり。「ほかにも来たりするんですか」と吉村が尋ねると、爆笑問題の田中裕二、古坂大魔王、X-GUN・西尾季隆などの名が挙がるものの、これまたパッとしない顔ぶれである。

 その後も、同じく中野エリアの他の店には、松村邦洋とダンカンがよく出没するとのことだったが、マツコ・デラックスが「ちょっと、今のところアレよ。もうちょっと会いたい人…」と言うと、さんまも続けて再度、苦言を呈したのだった。

 そして次に紹介された杉並区エリアでも、オードリー・春日俊彰、阿佐ヶ谷姉妹のお姉さん・渡辺江里子、そして太田光代だと。

 さんまとマツコはもう、苦笑するしかない。鬼越の金ちゃんは「お二人が言いたいことわかります。『もっとちゃんとした芸能人を出せ』って言ってるんですね」。さんまが間髪入れずに「そや!吉高由里子とか菅田将暉を出せ!」と返す。

 これに金ちゃんが「さんまさん、今いいこと言いました。次、期待してください」と言い、紹介されたのは同じ杉並区エリア。高円寺駅から徒歩5分の、勝浦式タンタンメンのお店である。が、紹介されたのは、市川刺身(そいつどいつ)、鈴木もぐら(空気階段)という、いわゆる高円寺芸人。アキレ返るさんまとマツコに、「これはフリです。高円寺芸人が集まるきっかけとなった、ある大物俳優がいるんですよ」とフォローする。焦らしに焦らして紹介されたのは、菅田将暉だった。

「ウソや!」とさんまが驚けば、マツコも「許可出たの?」と。「許可出ました!僕らもこんな雑魚ばっか紹介したくないんです」と興奮気味に答える坂井がカメラに向かって手を合わせ「菅田さん!ありがとうございます!」と感謝する。

 実は他にも「隠れ芸能人」がいっぱいいたそうなのだが、一流芸能人はやはり「出せない」のだと。ここまで引っ張らざるをえなかったのだ。確かにスタッフからは「俳優さん、女優さん、全部NGでした。許可とってたら全部ダメでした。菅田さんだけ」との説明が入る。さんまも「そうか、『行きつけの店は言わんといてくれ』と…」。

 唯一OKを出した一流芸能人ということで、男を上げたように見える菅田。しかし、実はこのお店、以前、「火曜サプライズ」(日本テレビ系・18年1月23日放送)の「山崎賢人&菅田将暉…超豪華ダブル人気俳優と高円寺でアポなし旅!」で、すでに菅田が行きつけであることを明かしていたのだ。

 視聴者をさんざん焦らした挙げ句に、既出の情報を流すとは「なにが徹底リサーチだ!」と、さんまやマツコ以上にアキレてものも言えない。

 SNSが発達し、すぐに情報が拡散する時代。おとなしく食事をしたい俳優や女優は、口が固くなるのも無理はない。だったらこんな企画やるな、だ。「さんまとマツコ」、2大巨頭をキャスティングしておきながら、このショボ企画。そりゃ、テレビ離れが進むわけだ。

(堀江南)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
4
【現地ルポ】ゴーゴーバー連れ出し3.3万円…タイで夜遊びをすると日本より高い「厳しすぎる現実」
5
積水化学「クイーンズ駅伝」V奪還で黄金時代の到来!あの田中希実を破った選手が出場していないのに…