スポーツ

原巨人の先発陣に「あの外国人選手が帰ってくる」説が急浮上!衝撃の「証拠画像」が…

 今季、5年ぶりのBクラスに沈んだ巨人にとって先発投手陣の立て直しは急務となっているが、現時点で予想される顔ぶれを見ても、不安は解消されていない。スポーツ紙デスクが語る。

「絶対的エースだった菅野智之は2年ぶりの2ケタ勝利となる10勝を挙げましたが、すでにピークを過ぎている。来季の軸は自己最多の12勝をマークした戸郷翔征になるのでしょうが、山崎伊織、赤星優志、堀田賢慎などは一本立ちするまで、まだ時間を要する状況。新外国人ではすでに、前ブルージェイズのグリフィンなどの獲得調査報道が出ていますが、日本でどこまで通用するかは未知数です。このままでは来季も、リーグワーストの防御率だった今季と同じ轍を踏む可能性があります」

 そうした中、巨人ファンの間では「あの外国人投手」が戻って来るのではないか、との話題で持ち切りだという。球界関係者が明かす。

「20年、昨年と巨人に在籍していた、ドミニカのエンジェル・サンチェスです。韓国のSKワイバーンズから巨人入りし、20年は先発として菅野、戸郷に次ぐ8勝をマーク。しかし21年は7月に右肩痛により離脱して5勝にとどまり、そのまま退団、帰国していました。実はこのサンチェス、自身の公式インスタグラムで使用している写真がいつの間にか、巨人時代のユニフォーム姿に変更されているんです。しかもプロフィール欄のNPB在籍期間について『20-…』と記載。退団した21年で終わっておらず、まだ先があることを匂わせている。俄然、復帰説が出ているわけです」

 本人がただヤル気満々で先走っているだけなのか、水面下でそうした動きがあるのかは、今のところ定かではない。ただ、日本である程度通用することはわかっているだけに、コンディションが整っているのであれば、ヘタな「助っ人ガチャ」で大外れを引くよりマシかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」