芸能

明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ

 いよいよ大会も後半に差し掛かったサッカーWカップ。日本は1次リーグで優勝候補のドイツとスペインに勝利し、首位となる2勝1敗の成績で決勝トーナメントに進出するも、クロアチアと激戦の末、敗退した。

 カタールとの時差は6時間。期待以上の森保ジャパン快進撃で、日本中が寝不足になっている。芸能界でも、サッカーの影響力は絶大だ。

「今大会をきっかけに『アイドル界No.1のサッカー通』として知られる日向坂46の影山優佳が、大ブレイクしました。ガールズバンド・PARADOXXのドラマー・SHONOも日本VSドイツ戦の国際映像に映り込み、世界的に『謎の美女』として注目を浴びたことから、軒並みサッカー特番に出ている。本田圭佑のモノマネでおなじみのピン芸人・じゅんいちダビッドソンも仕事が激増しています」(テレビ関係者)

 当然ながら、芸能人の間でもサッカーの話題で持ち切りだが、40年以上も前からサッカーファンを公言していた「芸能界最古参のサッカー通」が、明石家さんまだ。テレビ関係者が続ける。

「さんまは80年代に、人気低迷にあえぐ日本サッカー界を活性化すべく結成された、芸能人のサッカーチーム『ザ・ミイラ』発起人のひとりです。当時はJリーグが発足するはるか前で、テレビ中継もほとんどない時代。そんな状況下で『少しでもお客さんが来れば』と、ボランティアでスタジアムへの客寄せを引き受けてくれた。暗黒時代を支えてくれたさんまに、サッカー関係者は感謝してもしきれないでしょう」

 紛れもなく「日本サッカー界の恩人」であるさんまだが、なぜ今大会のW杯特番で見かける機会がないのか。

「さんまは筋金入りの海外サッカーファン。今大会ではドイツの決勝トーナメント進出を願うあまり、1次リーグの日本VSスペイン戦も『ドイツ代表のユニフォームを着て見ていた』と12月3日放送の『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)で語っていました。過去の特番に出演した際は海外チームびいきの発言で、日本代表の応援ムードを盛り下げていた。SNS全盛の現在、制作側は『炎上リスク』を踏まえ、さんまを呼ばない方が無難だと考えているのでしょう」(前出・テレビ関係者)

 なんだか寂しい気もする判断なのである。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」