特集

1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

Sponsored

◆男なら誰もが羨む話だが…

 競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。

 かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスクの高さを考えれば衝撃の金額だ。今はエフフォーリアやデアリングタクトの父エピファネイアが1800万円、演歌歌手北島三郎氏が所有していたキタサンブラックは、産駒イクイノックスなどの活躍で前年の500万円から来年は1000万円に倍増。一方で1回の種付け料が30万円という馬もいるわけで、血統という考え方が主流の競馬ならではといえる。

 ちなみに今週末にJRAで行われる阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の出走予定馬を見ると、エピファネイア産駒はサンティーテソーロとモリアーナ。人気のラヴェルはキタサンブラック産駒。一方、下を見てみればなかなか興味深い。新潟2歳S(G3)を勝ったキタウイングの父ダノンバラードは150万円。函館2歳S(G3)の勝ち馬ブトンドールの父ビッグアーサーは100万円とお得。種付け料100万円の馬が1800万円の馬を下剋上するのか、その答えは週末のレースではっきりする。

モリアーナの父エピファネイアは一発1800万円の高給取り

 もちろんこの阪神ジュベナイルフィリーズは、見るだけでなく馬券的にも興味深いレース。誰もが当たるような簡単なレースではなく、過去に300万円馬券が発生したように難解なレースだからだ。それは別の言い方をすれば的中したときの見返りも大きいわけで、これは勝負する価値があるといっていい。

 しかしながらデータが少なく体も未完成な2歳牝馬限定戦だけに、ここは安易な予想ではなくプロの情報を頼ってみたい。特に阪神ジュベナイルフィリーズと同じ牝馬限定重賞に実績のある「競馬セブン」が最適だろう。

 競馬セブンはさまざまな分野で活躍した7人の大物競馬関係者が所属し、ファンに向けてマスコミでは入手できない核心の勝負情報を提供している。元JRA騎手で元JRA競馬学校教官として、福永祐一騎手などを育てた徳吉一己氏。何でも鬼教官として恐れられたそうで、今も多くの現役騎手に影響力があるという。さらに大ヒット競馬ゲーム「ウマ娘」にも登場する、タマモクロスを管理していた小原伊佐美氏など、3人の元JRA調教師。他にも元社台グループの重鎮や、ベテラン競馬記者など驚きのメンバーが揃っている。

名馬タマモクロスでG1を勝利した小原伊佐美元JRA調教師

 彼らを中心とした各チームが情報を集め、それを複数の視点で冷静に分析するというが、気になるのは実績。どんなに大物が揃っていても、当たるか当たらないかで評価が一変するからだ。しかしその懸念はあっさり覆された。

 例えば2021年は年間で16のG1レースを、そして今年も多くのレースを的中させているが、阪神ジュベナイルフィリーズと同じ牝馬限定G1の秋華賞(G1)や、ソダシが復活勝利したヴィクトリアマイル(G1)も的中。この実績なら阪神ジュベナイルフィリーズも勝負できるといえよう。

 そんな競馬セブンはこの阪神ジュベナイルフィリーズについて以下のように語っている。

「ラヴェルやリバティアイランドといった人気馬に話題が集中していますが、まだデビューして間もない2歳の牝馬は、状態面が不安定なだけに大波乱となるケースも少なくありません。今年も有力馬の不安情報や人気薄の激走情報が届いており、昨年のような10万馬券も十分に起こり得ます。今回は特別企画として、競馬セブンでしか入手できない情報を基にした【阪神JFの馬連3点勝負買い目】を無料で公開します。公にはならない勝負情報ですので配当妙味も十分、ぜひ参考にしてください」(競馬セブンのスタッフ)

 確かな情報の有無が馬券の成績に直結するのは言うまでもない。その点、競馬セブン以上の情報力と分析力を持つ存在がこの世にどれほどあるだろうか。実際に騎手や調教師として活躍した本物たちの情報だ。この阪神ジュベナイルフィリーズでどんな的中を見せてくれるか、今から期待は高まるばかりだ。

CLICK⇒無料公開!【阪神JF「馬連3点勝負!」】競馬セブン

※一部有料あり

Sponsored by 株式会社七騎の会

カテゴリー: 特集   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」