スポーツ

ルーキー騎手・今村聖奈が迫る「大記録」…「師匠」福永祐一を超える逸材の凄み

「藤田菜七子がデビュー4年目に記録したJRA女性騎手年間最多勝記録(43勝)をあっさりと抜いた大型ルーキーの今村聖奈ですが、実はそれどころじゃない大記録が目前に迫っているんです」

 競馬関係者が興奮気味にそう話す記録は「デビュー年JRA通算50勝」である。続けて、

「今村は10月29日に通算51勝目(地方の4勝を含む)を挙げ、負担重量がそれまでの4キロ減から3キロ減になって以降、1勝で足踏みしていますが(12月4日終了時点)、実はデビュー年に50勝以上を記録したのは、過去に4人しかいないんです。加賀武見(60年、58勝)、武豊(87年、69勝)、福永祐一(96年、53勝)、三浦皇成(08年、91勝)。今村は12月4日終了時点でJRA通算48勝を記録していますから、年内にあと2勝すれば史上5人目。もちろん女性騎手としては初の快挙です」

 ちなみに、今村がレースプランなどの事前準備の大切さを教わっている「師匠」の福永は、デビュー年に53勝しているものの、重賞は21戦0勝。一方、今村は初めて重賞に騎乗した7月のCBC賞で、勝利を収めている。スポーツ紙記者も舌を巻いて、

「ユタカさんですら、重賞初勝利は10月の京都大賞典ですからね(重賞は計3勝)。いかに彼女が逸材かがわかると思います。先ごろ調教師試験に合格した福永の新人記録まで、あと5勝に迫っている。12月18日までは3場開催(中山・阪神・中京)で騎乗機会も多いでしょうから、福永の記録を上回ってもおかしくありません」

 今村は今週土曜日(12月10日)に中京で行われるハンデ重賞「中日新聞杯」で、コトブキテティスに騎乗予定だ。

「最軽量ハンデの51キロですし、彼女が重賞2勝目を挙げるチャンスは十分あると思います」(前出・スポーツ紙記者)

 これから年末まで、今村の「師匠超え」なるかに注目だが、将来、福永調教師&今村騎手の「師弟コンビ」がターフを沸かせる日も、そう遠くないかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
3
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…
4
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
5
井上尚弥はSバンタム級で勝てるのか…渡嘉敷勝男と米トレーナーの予想がまっぷたつに