芸能

「お前、カメラ回してるやろ」明石家さんまの「動物的嗅覚」に井上公造が完敗!

「さんまさんにもスゲー怒られたことがあるんです」

 こう語るのは、昨年3月に芸能リポーターを引退した井上公造氏だ。元雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネル〈宮迫ですッ!【宮迫博之】〉に出演した際に、かつての取材生活を振り返った。

 現在は費用がかかり過ぎ、プライバシーの問題やコンプライアンス的に難しくなっているが、井上氏が活躍した当時は、芸能人の自宅前で張り込むことなど日常茶飯事だったという。

 そんな話題の中で、井上氏が明石家さんまを取材した際のエピソードを明かしたのだ。

「さんまさんが大竹(しのぶ)さんとつき合ってるころに、張り込んでたんです。こうやって(肩にカメラを担いで)回すと絶対、さんまさん気づくから、手持ちで(下で)カメラを回して、タリー(カメラに付いている赤いランプ)が点いても気づくから点かないようにして。そうしたらさんまさん、『お前、(カメラ)回してるやろ』って気づくんですよ。スゲーな、この人と思った」

 これに対しては宮迫も大きくうなずくのだった。

「あの人、気づきますね。いまだに敏感ですもんね」

 そんなさんまの「嗅覚」について、ネットライターが補足する。

「井上氏も『さんまさんってザ・ファブルなの!?』と言っていましたね。『ザ・ファブル』は凄腕の殺し屋・佐藤明(アキラ)を主人公に描いた南勝久原作のコメディタッチのアクション漫画で、19年と21年に岡田准一主演で映画化されています。アキラは殺しの技術と知識が優れているだけでなく、壁に埋め込まれた隠しカメラにも『なんとなく』気づいてしまうといった嗅覚の持ち主なんです」

 しかも、さんまの「秀でた感覚」は嗅覚だけではないようだ。古株の芸能関係者は、さんまのこんな離れワザを明かす。

「モニターを見なくても、自分がどうカメラに映っているのかわかってしまうみたいです」

 いくつものスクープをものにしてきた井上氏だが、さんまの動物的感覚には敵わなかったようだ。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング
3
今どきこんなことを言う選手が…サッカー・長友佑都の時代錯誤な見解
4
競馬界に風雲急!ホリプロが藤田菜七子から今村聖奈にシフトチェンジした「実力と性格」雲泥の差
5
「中に出して!」篠田麻里子のドロ沼不貞で浮上した「激しすぎる車中の情事」