政治

激震スクープ!プーチンはやはり「ガン」に侵されていた~番外編~「ピック病」による「脳錯乱」で全世界を道連れに「ハルマゲドン」

 本連載は3回(1月10~12日配信)にわたって、ロシアのプーチン大統領が「膵臓ガン」と「パーキンソン病」に侵されており、どんなに長く見積もっても「余命数年」の瀬戸際に追い込まれているとの、国際ディープスロート情報を暴露した。

 だが、クレムリンの独裁者プーチンの心身は、別の病にも蝕まれ始めているという。それはなんと「ピック病」と、ピック病の進行による「脳錯乱」だ。

 ピック病は、前頭側頭型認知症の一種。前頭葉と側頭葉の脳委縮が進行することで、人格障害、情緒障害、自制力低下などの、不可逆的な「精神症状」が発現してくる不治の病である。アメリカの諜報当局に太いパイプを持つ国際政治アナリストは、

「米諜報戦略当局はプーチンがパーキンソン病を患っていることをすでに確認していますが、実はピック病はパーキンソン病の進行によっても発症することがわかっています。また、パーキンソン病は運動症状と非運動症状を2大症状とする難病ですが、プーチンの場合、静止時振戦(身体の震え)などの運動症状に加えて、不安やうつ、錯覚や妄想などの非運動症状、すなわち精神症状が顕著であることも、米諜報戦略当局は確認しているのです」

 問題は、これが全世界を道連れに、とんでもない行動に出る引き金となることだ。まさしく悪夢というべきその行動とは何か。国際政治アナリストが続ける。

「近い将来、プーチンはパーキンソン病とピック病からパラノイアを発症し、誇大妄想や被害妄想を全く抑制できない『脳錯乱状態』に陥るでしょう。そしてついに、禁断の『核のボタン』に手をかけてしまうのではないかと、米諜報戦略当局は懸念しています。しかも、その際に使用される核は、ウクライナを標的とした局地的な戦術核にとどまらず、アメリカをはじめとする西側諸国、否、全世界を標的とした戦略核になるとみられているのです。言うなれば、完全に正気を失ったプーチンの、世界を道連れにした『核心中』です」

 ピック病は多くの場合、本人に病識はかけらもなく、記憶も正常に保たれている。それゆえに、自身が脳錯乱に陥っているという自覚すらないまま、プーチンが核のボタンを押してしまう可能性は高いのだ。

 まさに悪夢としか言いようのない、ハルマゲドンである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから
2
「200勝到達」ダルビッシュ有に恐れおののいた落合博満の「あの日本シリーズ」秘話
3
天国の沙也加が引き寄せた!激ヤセから復活の神田正輝を支えたのは松田聖子の「筑前煮」だった
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン