芸能

筋肉少女帯「解散危機」を救った高木ブーの「ありがたいひと言」/日本音楽シーン「名作裏面史」

 江戸川乱歩作品をはじめ、世界のミステリーの名作をハードカバー化したシリーズ「江戸川乱歩と名作ミステリーの世界」(アシェット・コレクションズ・ジャパン)が2月に創刊される。この商品のPRキャラクターとして、CMに出演する「筋肉少女帯」(以下、筋少)の大槻ケンヂが1月19日、記者会見を行った。

 大槻は25年前に高齢女性から「もうじきこの世は終わる。このことを知っているのは、大槻ケンヂ、デーモン閣下、(俳優の)天知茂さんだけ」と告げられたという不思議な体験を披露し、会場を沸かせた。

 乱歩の世界観は、英米の悪魔崇拝主義やハードロックと親和性がある、とも語った大槻だが、そんな彼がヴォーカルを務める筋少も、今年でデビュー35周年。デビュー日となる6月21日には、東京「LINE CUBE SHIBUYA」(旧渋谷公会堂)でのライブ開催が予定されている。

 筋少は79年、当時中学生だった大槻と内田雄一郎が組んだバンド「ザ・ドテチンズ」が原点。その後、「筋肉少年少女隊」を経て84年、バンド名を「筋肉少女帯」に改め、ナゴムレコードからインディーズ・デビューした。

 ところが、87年に発売した自主制作EP「高木ブー伝説」が、業界内で大きな波紋を広げることになる。というのも、この曲、とにかく「俺は高木ブーだ!」と連呼。しかも、失恋でヤケクソになった男の歌とあり、「まるで無力な俺は、まるでまるで高木ブーのようだ」と続くのだ。

 すると発売後、ドリフターズの事務所関係者を名乗る者から抗議電話が入り、結果、レコードは自主回収で販売中止となる。その後、この電話はいたずらだったと判明するが、この件で筋少は解散危機に陥ることに。それを救ったのが、なんと他ならぬ高木ブー本人だったのだ。

 22年12月9日に放送された「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した大槻は、こう語っている。

「当然、問題になりまして。もう、ダメだって感じになったんですが、当の高木ブーさんが『若いヤツらがわけもわからずやってるんだから、そんなの許してやろうよ』って言ってくれて。鶴の一声ならぬブーさんの一声で発売OKになって。それで、僕は今でもここにいられるんですよ」

 その後、同曲は、89年12月に「元祖高木ブー伝説」(トイズファクトリー)として再発売。筋少と高木との交流も始まり、高木自身も昨年配信された「介護ポストセブン」のインタビューで、次のように語っていた。

「どんどん人気バンドになっていって、僕も嬉しかったな。そんなこともあって、義理堅いというか、30年たった今もライブに出てくれる。お互いが現役だからできるわけで、そう考えると感慨深いよね」

 高木の大きな器に救われた筋少だが、ファンの間では高木の誕生日である3月8日は「筋少メンバーの誕生日より大事な日」として忘れられない日となっているそうだ。

(山川敦司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
3
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
4
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
5
関西ラウンジママが悲痛激白…最強寒波で最も困る職業は「夜のホステスなんです」