社会

恐怖のマッチングアプリ「ニセの名前」と「ボッタクリ誘導」を憤激告発

 今や男女の出会いのツールとして当たり前になった、マッチングアプリ。昨年、明治安田生命が行った、2022年度に結婚した人の出会いのきっかけは、5人に1人以上がマッチングアプリでの出会いだったことがわかった。だが、これにはトラブルも多く発生しているという。都内に住む28歳の女性の告白を聞こう。

「大手マッチングアプリで知り合った5歳年上の男性は、既婚者なのに独身と偽っていたんです。週末デートに誘っても、いつも会えないというので、おかしいと思っていたんですよね。発覚したのは、デート中に彼が財布を出した時に免許証がチラッと見えたんです。聞いていた名前が違ったので『まさか…』と思いました。家に帰って彼の本名を検索するとSNSが見つかり、結婚していたことがわかったんです」

 結婚相談所が展開しているマッチングアプリでは、独身証明書を提出しなければいけないと定められているため、既婚者は登録できない。だが、通常のマッチングアプリは18歳以上であれば誰でも利用することができるため、いわゆる「ヤリモク」の既婚男性が蔓延しているという。一方、大阪市に住む40歳の男性は、危うい目に遭ったと話す。

「マッチングアプリで20歳の女性から『イイネ!』をもらったので、すぐにメッセージを送ったんです。2~3回やり取りして『会いたい』と言われたので、実際に会うことに。まずお茶くらいかなと思ったら、彼女が『行きたい店があるの』と言ってきたんです。言われるがままについて行った先は、なんとガールズバー。しかも、看板も出ていない雑居ビルの中にあって、すぐに怪しいとわかりました。トイレに行くフリをして友達に助けを求め、電話をかけてきてもらった。『友達も合流したいって言ってるんだけど、場所がわからないから迎えに行ってくる』と言って逃げてきましたね」

 マッチングアプリでは、ガールズバーやホストが客を募るために利用することもある。中には高額なボトルを入れさせるなど、ボッタクリを目的とした悪質な店も。この男性のように、2~3通のやりとりだけで「会いたい」と言ってくる女性には、気を付けた方がよいだろう。

 気軽に出会えるマッチングアプリだが、悪質なユーザーがそこかしこに潜んでいることを忘れてはならない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道