政治

「中国スパイ気球」が自爆装置搭載でわかった「習近平も知らない」目的

 米国時間(以下同じ)の2月4日に米軍戦闘機が撃墜したことに端を発した、中国の「スパイ気球」問題。

「最初の撃墜以降、アラスカ上空や米西部のモンタナ州上空でも立て続けに気球が発見され、計4つの気球が撃墜されています。4日に撃墜した気球は、グアムやハワイの米軍基地監視の目的で、中国本土から飛ばされた。風によりアラスカ方向に流れ、米本土を通過したとみられています」(軍事ジャーナリスト)

 中国は、バイデン大統領が撃墜命令を下したことに猛反発。4日の気球については「中国のもの」と認めてはいるものの、気象研究などに用いるものが偏西風で流れたとして、偵察用であることを否定している。

 米軍は4日に撃墜した気球の回収作業を、2月16日に完了させた。FBI(連邦捜査局)での分析が進められ、その全貌が次第に明らかになりつつある。

「全長は約60メートルと巨大で、重さは1トン超。カメラやソーラーパネル、人工衛星と交信するための通信機器、操縦が可能なプロペラなどが装備されていたといいます。となると、GPSで位置情報を確認しつつ自在に飛行できる可能性が高い。なんらかのトラブルで操縦不能になったと考えられますが、衝撃だったのは、気球が『自爆装置』を積んでいたこと。米紙ニューヨーク・タイムズが伝えたものですが、故障のためか、作動しなかった。ただ、これが低空で正常に起動すればどうなるか。破壊力が大きい爆弾や毒ガスなどを積んで爆発させれば、無差別テロも可能ということです」(前出・軍事ジャーナリスト)

 この気球を飛ばす計画、習近平国家主席が知らなかったということも報じられ、いよいよ不気味さを増しているのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」