芸能

テリー伊藤対談「千葉真一」(3)高倉健さん派は女性と遊ばなかった

20140731n

テリー 当時、健さんと飲みに行ったりすることもあったんですか。

千葉 大泉撮影所は高倉健さんがトップで、健さんを中心に「野郎会」というのがありまして、これは男の「野郎」と何か「やろう」というのをかけてるんですね。だから、いろんなことをやりましたね。野球大会をやったり、遊びにも行ったり。僕らは高倉健さんにめちゃくちゃかわいがっていただきました。

テリー どんなことがあったんですか。

千葉 自分は大学から急に東映に入って、俳優座に通ってたんですが、入って間もなく、子供番組の主役をいただいたんです。

テリー 「新七色仮面」(60年)ですか。

千葉 そうそう。

テリー 全部見てます。

千葉 いやあ、ありがたいです。その時、着るものがないんで、学生服で撮影所に通っていたんですよ。そしたらある日、健さんに呼ばれまして。「千葉な、社会人になったんだから、学生服はもうやめろ」って。

テリー そりゃそうだ(笑)。

千葉 「すみません。着るものがないんですよ」って言ったら、次の日、まだ1回か2回しか袖を通してないような背広を2着、ポンと持ってきてくれたんです。

テリー サイズは合ったんですか。

千葉 ぴったり合ったんです。健さんは大きいんですけど、僕も器械体操をやっていたので、胸囲が120センチぐらいありましたから。それは今でもまだ取ってあります。ずいぶんボロボロになってますけど。

テリー わぁ、宝物ですね。

千葉 はい。そういう方でしたね、いつも後輩を見ていて。いろんなことを教わりました。

テリー 学生服しかないような男の子が映画で主演を張るようになると、お金が突然入ってきますよね。「ありゃ、こんなにお金が入ってくるのか」という驚きみたいなのはなかったですか。

千葉 テリーさん、そこはご存じではないんですねえ。お金なんか入らないですよ。

テリー ハハハハ。

千葉 29歳の終わりぐらいまでに主役を十何本も撮って、脇役もいっぱい出されましたけど、まだ質屋に行ってました。

テリー エッ、こんなファンキーハットをかぶりながら?

千葉 そのぐらい、ニューフェイスというのは、ギャラが安かったんですよ。本当に「俳優というものは、こんなに貧乏するものか」というぐらいに貧乏してましたね。

テリー そうだったんですか。

千葉 「キイハンター」では、日本一ブロマイドが売れるところまで上がったんですけども、それも全部東映さんが仕切ってましたから。「キイハンター」をやり始めて、月に4本は撮りますから、寝る暇がなくて、あれだけのことやるので体がキツくて。

テリー 爆破とかありましたもんね。

千葉 ええ。それでケガをしたりしながら、大忙しで、その頃やっと「おお、これだけ金がもらえるのか」と。その頃に、千葉県の親父のうちを私が作り変えました。

テリー 偉いなあ。

千葉 これで生活ができるなあと思いだしたのは、32~33歳の頃ですね。

テリー 僕はてっきり、デビューしてすぐにお金がたくさん入ってくるのかと思っていました。ただ、モテたでしょう。

千葉 いやいや、「キイハンター」は大人気の作品で、どこにも遊びに出られなかったですね。

テリー あんまりないんですか、武勇伝みたいなのは。

千葉 あんまりありませんね。そういうのは全部、山城(新伍)さんと梅宮(辰夫)さんですよ。

テリー ハハハハ。そうか。山城さんと梅宮さん、やっぱりそうだよなあ(笑)。

千葉 僕らは高倉派だったでしょう。健さんはそういうのはまったくないんです。いつも健さんと一緒でしたから。健さんと食事に行くと、あの人はお酒飲まないですから、コーヒーばかり飲んで。だけど僕らに「おい、酒飲めよ」と勧めてくれる。そこで「あ、じゃあビールをいただきます」と、ビールを飲むぐらいでした。僕はあの方のそんな生き方が大好きでしたから、硬いほうでしたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
やはり新垣結衣は175センチ?満員電車のシーンで身長がバレた!
2
米倉涼子、「リーガルV」初回が高視聴率でも関係者が“ガッカリした”理由!
3
有働由美子「news zero」の“バラエティ化”に視聴者の「失望の声」続々!
4
吉村崇のほうがマシ!? 映画「キングダム」、原作ファンが最も違和感覚えた配役
5
主要キャストが降板!?「下町ロケット」続編に懸念される2つの不安要素とは?