芸能

美女アナ「春の肉弾GI」色香オッズを大公開(2)NHKが和久田麻由子はヒザ上美脚で…

 NHKの和久田麻由子アナ(34)は、産休から完全復活。今春から「ニュース7」のMCにキャスティングされたが、復帰初日の4月3日には白のスーツから赤いインナーをチラ見せする「紅白ルック」で出演した。

「2日目にはヒザ上丈のスカートでスラリとした美脚を披露。出産を経て、ふっくらした印象は否めませんが、その分、バストのボリュームも増してジャケットのボタンがはちきれそうでした」

 芸能記者が絶対エースの凱旋をこう評すれば、NHK関係者はこう持ち上げる。

「今回、NHKは全力で和久田アナの復帰をお膳立てした。他のアナを総入れ替えした『和久田シフト』から局の本気度がうかがえます」

 和久田アナの「ニュース7」起用により、平日のサブキャスターだった林田理沙アナ(33)が「ニュースウオッチ9」のメインへ移り、昨年、和久田アナから「ニュースウオッチ9」を引き継いだ山内泉アナ(29)が「ニュース7」(金~日・祝)を担当することになった。

「異動のタイミングで林田アナは長い髪をバッサリ切りショートカットにイメチェンしたのですが、これが視聴者にも現場スタッフにも大好評。山内アナも『ニュース7』のPR動画でナマ美脚をドアップで見せつけるなど露出度がアップ。和久田アナの復帰で好ましい影響が出ています」(NHK関係者)

 舞台裏のパドックはさながらGI並みの豪華さだ。

 さて、「ねじれ人事」が指摘されるのはテレビ朝日の「報道ステーション」。これまでスポーツコーナーを担当していた安藤萌々アナ(25)が4月からMCへ昇格。朝日放送からフリーに転身したヒロド歩美(31)が安藤アナに代わってスポーツコーナーに起用された。

 番組スタッフによれば、「安藤アナとしては相当やりづらい様子ですね。というのも、実績十分のヒロドを差し置いて自分がMCを任されていることに違和感を抱いている。さらにフィールドキャスターには先輩の下村彩里アナ(28)。打ち合わせでもどのように振る舞えばいいのか迷っている様子なんですよ」

 TBSでは出水麻衣アナ(39)が「Nスタ」日曜版のMCとなった。

 これまで2度も「路上キス写真」がキャッチされるなど、「恋多き女」のイメージを持たれがちだが、仕事面で新たな野望が。

「出水アナは仕事をしつつMBA(経営学修士)の取得を目指して大学院に通っています。局内では『実業家に転身する気なのか』と退社を危惧する声も出ている。もっとも本人はMBAを取ることについて周囲に『キャスターとして飛躍するため』と説明しているが、真意は不明です。大きくキャリアアップを果たすのは間違いないでしょうが」(テレビ関係者)

 同局の日比麻音子アナ(29)は今春から大好きだった「酒場担当」を拝命。

「無類の酒好きで知られ、入社以来の宿願だったのが酒場ロケです。3月31日にBSで放送された『おんな酒場放浪記』に登場した際には『夢のような一日』と歓喜。彼女はとにかく飲みっぷりがよく、『ガード下の麻音子』と呼ばれるほど。篠原梨菜アナ(26)は早朝グルメで巨乳化が進んだと囁かれているので、日比アナには夜の酒場で女を磨いてほしいですね」(テレビ関係者)

 ついでに下戸のスタッフにお酒の調教のご利益も‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え