芸能

美女アナ「春の肉弾GI」色香オッズを大公開(3)スッキリ終了で苦境の日テレ・岩田絵里奈

 テレビ東京ではタレントに転身した森香澄(27)の後継アナに注目が集まっている。

「退社した森に代わって『ウイニング競馬』の新MCになったのが入社3年目の冨田有紀アナ(24)。4月1日の初登場回ではゆったりした衣装ながらバストのインパクトは抜群。森に負けず劣らずの美しく豊満なバストで、ベストの後任人事と言えるでしょう。冨田アナの魅力は、『トミタイム』と称される超マイペースなトークの間。キャラ立ちでは森以上の逸材ですよ」(京極氏)

 YouTubeでは同僚の田中瞳アナ(26)と中原みなみアナ(23)と50メートル全力走を披露。順位こそビリだったが、圧倒的な「乳揺れとイキ顔」で早くもエロス女王の座に君臨しそうな勢いだ。

 日本テレビ・黒田みゆアナ(24)は朝の情報トーク番組「DayDay.」のMCに抜擢。4月6日の放送では、大ファンであるシンガーソングライター・斉藤和義のスタジオライブに感動して生放送中に号泣するなど、早くも一味違う話題を振りまいた。

 日テレ関係者が言う。

「『DayDay.』のメイン視聴者は男がらみのスキャンダルを嫌う主婦層です。スタート早々、黒田アナに熱愛記事なんて出たら目もあてられません。彼女は抜擢にあたり、上司に交際相手がいないことを報告済みで、しばらくは週末でも夜の会食は控えるそうです。事実上の『オトコ断ち宣言』ですね」

 3月末で終了した「スッキリ」で司会を務めた岩田絵里奈アナ(27)は、苦境に立たされている。

「この春から『全国ご当地ニュースバラエティーSHOWチャンネル』のアシスタントを担当しますが、帯番組は消滅。明るいキャラで『ポスト・水卜麻美アナ(36)』の筆頭と目されていただけに残念です。さらに痛恨だったのが3月24日放送の『スッキリ』での『ペンギン池落下騒動』。岩田アナはペンギンが逃げまどう映像を見て、手を叩いて爆笑していたことから、局内での評価はガタ落ち。黒田アナら後輩の成長も著しく、極めて厳しい立場となっています」(日テレ関係者)

 今後も乱高下する色香オッズを注視していきたい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人