スポーツ

Jリーグ「欧州と同じ秋春制に」議論が再燃!積雪地域の救済策は…

 Jリーグの開催日を春にするのか、それとも欧州のように秋にするのか。そんな議論がまた始まることになった。

 現在、Jリーグは春に開催が始まる春秋制になっているが、これを欧州のように秋春制にできるのかを、各クラブで話し合ってもらう。それが日本サッカー協会の提案である。スポーツ紙デスクが解説する。

「大局を見ると、欧州と時期を同じにすれば国際親善マッチもやりやすくなるし、ACL(アジアチャンピオンズリーグ)も日程的にプレーしやすい。日本の選手が欧州でプレーするにしても、肉体的には楽になります。もちろん、欧州から来る選手にとってもメリットはある。しかし、冬季に積雪があった場合、客が入らないし、厳寒の場合もある。日本では学校を卒業してからJリーグ開幕まで、半年近く何もできない。そんな問題が持ち上がっていました。ただ、このままでは、日本サッカーはガラパゴスだと揶揄されることになるのでは…」

 Jリーグが発足した1993年から日本の春秋制は続いてきたが、1985年から92年までは、Jリーグの前身である日本サッカーリーグで7年間、秋春制で行われた。

「積雪は日本海側に多く、欧州では見られないほどです。しかし、寒さはドイツやポーランドの方が日本より上ではないか。日本の真夏の昼にサッカーをすることががいかに危険か、その議論も必要でしょう。日本のサッカーのレベルアップを究極の目標とするなら、秋春制に移行した方がいいと感じますが、それによってクラブ経営の悪化を招くことは避けなければならない」(Jリーグ関係者)

 日本サッカーがステップアップするためには、秋春制への移行が必要なのかもしれない。それには不利を受けるクラブへの救済策を、しっかりと定めることが必要になるだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道