芸能

吉高由里子 紅白歌合戦「紅組」司会者レースから脱落したウラ事情

20140903yoshitaka

 毎年10月に発表される紅白歌合戦の司会者。白組はまたも「嵐」が筆頭候補と言われている。昨年、綾瀬はるかが紅組司会に選ばれたことでも明らかなように、その選考基準はNHKへの貢献度。そう、今年は「花子とアン」が大きな話題をさらい、主役をつとめた吉高由里子が筆頭候補のはずなのだが、すでに「脱落」しているという。芸能関係者が苦笑する。

「理由は性格です。彼女『タメ口』なんですよ、普段から。先輩も後輩も関係なく慣れてくると『タメ口』です。演歌の大御所や、和田アキ子さんあたりに『マジで?』なんてやられたら大変なことになりますから」

 もちろん、このざっくばらんなところが吉高の魅力といえば魅力なのだが、映画や番組のパブで行われるインタビューでは、ウラ側でインタビュアー相手にケンカ腰になったりするという。

「あんたらさ~どーせ話盛って書くんでしょー」

 つまり生放送にはとことん向いていないのだ。制御不能な司会者を恐れるのは、昨年の綾瀬の一件があったからだ。「紅組」を「紅白」と言い間違え、曲名と出演者を間違え、名物の紅白ボールを投げ入れる場面では、あの北島三郎の頭をかする「危険球」を投げたのだ。それもそのはず、出演が決まったあと、綾瀬は真顔でこう言っていた。

「生放送だから間に合わないときは台本をすっ飛ばしていいんですか?」

 これ以上の「タマ」である吉高がハズれるのも無理はないということか。気になる司会レースの模様を前出・芸能関係者が語る。

「インタビューで自分の過去の秘話をボロっと漏らしてカットされることもしばしば。しかし、話題の吉高を外すわけにもいかないので、応援団でワンコメントか、審査委員で一言というポジションでしょう。紅組司会は『花子とアン』で活躍した仲間由紀恵で検討されているようです」

 とはいえ、生放送の吉高を見られるチャンスは残っている。どんな爆弾発言が飛び出すのか、今から楽しみである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)