芸能

フリー女子アナ13人の「サバイバル四季報」(3)才能を爆発させ始めた高橋真麻

20140911t

 フリー転身後は下げ止まりがきかなかった小林麻耶(35)は、「いいとも」後番組で低迷中の「バイキング」(フジ系)でプチブレイクを果たした。

「三十路半ばでもかわいらしさは健在ですが、『バイキング』でのまったく家事ができないダメっぷりは、S気の強い男性ならハマるはず。1人で映画館に行って、内容に夢中になって、気づいたら隣のオジサンのポップコーンを半分くらい食べていたという痛いキャラで、今後は仕事が増えるのでは」(織田氏)

 6年半にわたり「すぽると!」(フジ系)を担当し、退社後はインタビュー業を志望していた平井理央(31)も別の形でブレイクした。

「フリー転身後、しばらくはパッとしませんでしたが、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)での秘書役や、バラエティタレントとして注目を浴びている。特に「ぐるナイ」(日テレ系)では人妻ながら制服姿も披露するなど、さすがにアイドル出身だけにエロいコスプレがバッチリ似合います」(丸山氏)

 最後に飛び込んできたのは女子アナ時代には影を潜めていた才能を爆発させている高橋真麻(32)だ。昨年3月にフジを退社後は、「メレンゲの気持ち」(日テレ系)、「有吉弘吉のダレトク!?」(フジ系)など、レギュラー番組を3本持って順調だ。

「歌唱力、体当たり芸、むちゃ振りされての顔芸など、バラエティ能力にはぬきんでたものがあります。潜在視聴率は2桁の10%と、お茶の間の支持はダントツです。色気は皆無ですが、恋愛ネタも随時出していくはずで、ナレーション能力も高い。要注目株です」(織田氏)

 これまでの資産は「父親が高橋英樹」だけであったが、フリーになってからあらためて技術力が評価され、割安株と認知されたようだ。フリーアナ市場に求められるのは、ルックスのみならずオンリーワンの武器なのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚