社会

安倍VS石破 内閣前夜に飛び交った“腰砕け造反劇”の一部始終(3)安倍総理が石破氏にライバル心を燃やすのはなぜ?

20140911q

 そこまで安倍総理が石破氏にライバル心を燃やすのは、ただ脅威を感じているだけの話ではなく、“怨念”すら感じられる。有馬氏によれば、

「総裁選を戦った、それも脅かされた相手を好きになれないでしょう。また、第一次安倍内閣の時には、テレビ番組で『(辞任は)ご自身が言うしかない』と、退陣決断を促すような発言をされていますからね」

 さらには、「9月の解散・総選挙」の思惑も入り乱れ、2人の水面下のバトルはヒートアップしていった。鈴木氏が解説する。

「幹事長の石破さんにしてみれば、ふざけるなって思いですよ。『結局、解散となったら、(選挙を仕切る)幹事長はオレじゃないんだね』ってことですからね。表面上は穏やかでも、激しいやり取りを展開していた」

 この幹事長続投への強い思いが、8月25日のTBSラジオ番組での発言に表れたとも言えよう。

「この席で、『首相と考えが100%一緒の人が国会で答弁するのがいちばんいい』と、安保相辞退の意向を明言し、『地方(選挙)できちんと勝てるようにして初めて政権奪還が完成する』と、幹事長続投を希望した。結果、安倍サイドばかりか、自民党内からも『首相の人事権を収奪する動き』と批判が高まり、立場を悪くし、墓穴を掘った格好になった」(デスク)

 蓋を開ければ、「組織人としてトップの決定に従うのは当然」と腰砕けに終わった石破氏の造反劇。来年の総裁選に向け、両者にしこりが残ったことだけは間違いない。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは