スポーツ

プロ野球セ・パ交流戦“一触即発”ベンチ裏レポート(2)楽天・石井監督を警戒させる巨人のマー君獲り

 西武以上に長い低迷期を抜け出せずにいるのが楽天だ。4月に選手会が発表した契約更改の満足度が12球団最下位。その余波が選手たちの士気に影響しているというのだ。球界関係者が語る。

「かねてから、FA移籍組と生え抜き組の賃金格差にウンザリしていました。そこに拍車をかけたのが、GMを退任した現在でもチームの全権を握る石井一久監督(49)の存在。契約交渉の席で、ある試合のハイライトシーンを持ち出して給料アップを打診した選手を『あれは俺から監督賞を出したじゃん』と一蹴。本人は友達感覚でうまくこなしているつもりかもしれないですが、交渉スキルのレベルの低さが選手との壁を作っている」

 一方で、VIPに対する扱いだけは丁重なようで、

田中将大(34)には細心の注意を払っています。5月13日に1度抹消して中10日で登板させたのも、マー君の疲労を考慮しての判断。実は、巨人の原辰徳監督(64)が水面下で獲得に動いているようで、そのオファーを石井監督が袖にしているとか。どうも、ローテを計算できるマー君を手放したくない思いが半分、トレードで『ババを引きたくない』という思いも半分あるようです」(スポーツ紙デスク)

 19、20年に両球団の交換トレードが3件成立。楽天が巨人に古川侑利(27)=現ソフトバンク=、ウィーラー(36)=22年引退=、高梨雄平(30)を放出して獲得したのは、和田恋(27)、池田駿(30)=21年引退=、高田萌生(24)だった。いずれも、巨人からの移籍選手が1軍でフルシーズン働いた形跡はない。

「とはいえ、楽天には巨人に大きな“借り”がありますからね。素行不良を隠して巨人に出された選手が、窃盗容疑で逮捕されている。そこから数年は巨人側の意に沿うトレードを飲まざるをえなかったんです。それでも、昨季、不調で戦線離脱もした坂本勇人(34)の代替ショートとして茂木栄五郎(29)の獲得を打診していた際には、楽天側が拒否している。すでに禊を済ませたつもりでいるのかもしれません」(球界関係者)

 6月16日からの交流戦ラストカードとなる両者の顔合わせでも、もはや緊急トレードは成立しないだろう。というのも、今や巨人は若手がメキメキ成長。3年目の秋広優人(20)や新人の門脇誠(22)らがレギュラーに食い込んでいる。だがその一方で‥‥。

「“デーブ”こと大久保博元コーチ(56)の『俺が育てた』と言わんばかりの挙動が目に余るんです。試合中も、秋広ら若手の打席の時にだけ露骨に大きな声で檄を送っている。ベテラン選手に対する我関せずな態度とは180度違います。一部の主力選手から『実績作りに必死ですね』と陰口を叩かれている」(スポーツ紙デスク)

 功名心に駆られて足をすくわれないことを祈るばかりである。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」