社会

「天皇と朝日新聞」因縁確執51年の全内幕とは?(3)51年前の事件から反皇室へ

 新年の最初の日、朝日新聞は「『雅子さま 懐妊の兆候』の記事について」という記事を、東京本社編集局長署名で掲載する。

 皇太子ご夫妻を「公人中の公人」としながら、こう論じたのだ。

〈今回は慶事の兆しであることを考え、表現を抑制して報道することを決断しました。社会的関心事について事実を早く正確に把握し、伝えていくことは報道機関の基本的な使命です〉

 しかし、朝日新聞は「皇室」を「公人中の公人」「社会的関心事」と主張しているにもかかわらず、スクープ以外は目立たないところで報じているのだ。

「私は以前、朝日新聞の一年分の皇室報道を全部調べたことがあります。皇室に動きがあると、だいたい社会面の最後の面(第三社会面)の最下段左隅、強盗事件などの下に置かれています。他紙は、配慮して上に持って行こうとします。皇室に対する徹底的な軽視と、潜んだ悪意というものを感じます」(高森氏)

 皇室ニュースの扱いや、「公人」「社会的関心」を理由にした朝日の禁断スクープ報道。これらは朝日の政治的なスタンスから来るものではなく、51年前に起きたある事件が影響しているのではと指摘するのは、評論家の渡邉哲也氏だ。

「第三社会面というのは、事件などでこぼれたニュースなどに使うところです。つまり朝日新聞は皇室をニュースの対象としていないということになります。1963年に起こった『村山事件』の影響があるのではないでしょうか」

 当時、朝日新聞社は創業者の一人である「村山家」の故村山長挙氏が社主(オーナー)で、社長だった。63年3月、同社らが主催した「エジプト美術五千年展」の場内で“事件”は起こった。

 その日訪れた昭和天皇に故村山夫人が近づこうとしたところ、宮内庁職員に制止されたことで転倒。骨折したと夫人は主張し、編集部に宮内庁の糾弾キャンペーンを指示したという。

「この事件は、その後、朝日の内紛に発展します。編集部が夫人の言い分をおかしいと判断。最終的に社長は更迭され、朝日新聞の経営権を失うことになります。朝日はどちらかといえば親皇室の論調でしたが、この糾弾キャンペーンをきっかけに、現在の反皇室的な論調になったのではないでしょうか」(渡邉氏)

 06年にも、朝日新聞は皇室に“もの申して”いる。

「ヒゲの殿下」として親しまれた寛仁親王が毎日新聞や文藝春秋に、女系天皇についての私見を述べた。そして朝日新聞は、「黙れ」と言わんばかりの社説を掲載したのだ。

「寛仁さま 発言はもう控えては」

 朝日新聞社長室で、抗議の自決を遂げた故野村秋介氏の筆頭門下生である「二十一世紀書院」代表の蜷川正大氏が、朝日の皇室報道を分析する。

「言論の自由を旨とする新聞が、皇室に対しては言論を封殺する。人権を声高に主張する新聞ですから、ご皇族も民間人も同じというスタンスでしょう。一方で、『ガン』『ご懐妊兆候』の報道では、人権を毀損している。常にイデオロギーを優先させるので、人の痛みや苦しみなど理解できないのです」

 終わりなき皇室との因縁は、今後も続く──。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…
5
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!