社会

“麗しすぎる”佳子さま大フィーバーを辛口論客が切る!「皇族らしくか20歳の女の子ということを尊重するか」

20150611y

 4月からICUでキャンパスライフを送る佳子さま。だが、これまでの学生生活は決して順調とは言えないものだった。学習院初等科から、同中高等科、そして大学へと進学した佳子さまは、14年8月に突如、中退してしまったのだ。

「13年に米国に短期留学したことで、異文化コミュニケーションなどに関心を持ちました。サークルの新歓コンパの様子が報じられ、母の紀子さまにサークル活動を禁止されたことも中退のきっかけになったようです。姉の眞子さまが卒業したこともあり、留学生も多く自由な校風のICUに魅力を覚え、編入を目指しました」(宮内庁関係者)

 特別入学選考により、ICUに合格した佳子さま。宮内庁により合格が発表された10月以降、前年比で一般入試の受験者数は約20%も急増した。

 入学後まず注目されたのは、そのファッション。入学当日こそ、プリンセスらしい清楚な服装だったが、翌日はかなりカジュアルな服装。さらに、5月15日からの1泊2日の八ヶ岳で行われた校外合宿に参加した時にはこんな姿が見られた。

「青を基調にしたチェックのタンクトップという服装でした。母親である紀子さまと激しく口論したようです」(宮内庁関係者)

 今どきの大学生としてはごく普通の服装とはいえ、やはり宮内庁は苦言を呈したという。皇室に詳しい神道研究家の高森明勅氏はこう擁護する。

「皇室ジャーナリストや識者の『プライベートでも皇族らしく』『品位のある服装を』と佳子殿下を非難するコメントを目にします。これこそ本末転倒でしょう。20歳の殿下にはある程度のプライバシーを認めるべきで、逆に周囲は『それを報道することこそ異常』だとたしなめるべきでしょう」

 しかし、女性週刊誌記者は「佳子さま報道」の現状についてこう明かす。

「各女性週刊誌では、皇室担当記者が佳子さまを徹底マークしています。ICUの学生をバイトとして雇い、『今日はベンチでジャニーズ風の男子学生と談笑していた』『学食でしょうが焼き弁当を食べていた』など、キャンパス内での様子を逐一、報告させているところもあります」

 学内でこうした“スパイ活動”まで行われている報道の過熱ぶりに、高森氏はこう苦言を呈する。

「佳子殿下は内親王であり、他の宮家と比べてもおのずと注目が集まるのは当然でしょう。しかし、報道の実情を見ると、新しくスタートした大学生活や周囲との健全な関係を阻害するような取材活動が行われている一面もあります」

 国際政治学者の藤井厳喜氏が続ける。

「現在はスマホさえあれば、誰でも佳子さまの日常をまる裸にして拡散できる時代。マスコミもパパラッチ化しており、それも一般人を巻き込んだ報道合戦に拍車をかけるおそれがある。これはまことにゆゆしき事態です」

 皇室は開かれるべきか、荘厳であるべきか──論客たちの激論は続く。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え