スポーツ

「マイアミの奇跡」が記憶から消えている…元日本代表・伊東輝悦が唯一覚えていること

 1996年、28年ぶりに五輪出場を果たし強豪ブラジルを破る快挙を成し遂げた、アトランタ五輪の「マイアミの奇跡」。出場していた前園真聖氏が、自身のYouTubeチャンネルにメンバーだった白井博幸氏と伊東輝悦を招き当時を振り返っていた。

 そこでは何といきなり白井氏が、

「あまり覚えていない。サッカー興味ないし、今の五輪代表とか知らない」

 などと切り出し伊東も、

「振り返らないので覚えていない。ブラジル戦の得点は覚えている」

 と打ち明けた。時間をさかのぼってアトランタ五輪の最終予選を振り返っても伊東は、

「勝てば五輪出場が決まるというサウジアラビア戦の2日前ぐらいに呼ばれて、『相手の中盤の選手をコントロールしてくれ』というミーティングはした」

 と話したが、呼ばれた人数が自分1人だけだったのか2人だったのか、呼んだのが西野朗監督、あるいは山本昌邦コーチだったのかも覚えていないという。

 白井氏の場合は宿泊したホテルの同部屋が鈴木秀人だったことは覚えていたものの、伊東は「まったく覚えていない」の一辺倒。逆に何を覚えているのか聞かれると、

「サウジアラビアに勝ったこと。最後にゾノさん(前園氏)が入れて、勝ち上がってホッとしたなぐらいかな」

 とした。

 前園氏はそんな伊東氏に驚くばかりだったが、西野監督については饒舌で、

「アタッカーだったのが、中盤の少し引いたポジションをやるようになった。当時、西野さんがコンバートしたと思う。試合前に配置がそこになっていて、やれるかなと思ったらやれるし面白い。後で西野さんに聞いたら、『やれそうだから』。これでプレーの幅が広がった。感謝しかない。そのおかげで現役が続けられている」

 と感謝の言葉を口にした。伊東氏は48歳になった今もJ3のアスルクラロ沼津で現役を続けている。当時のことは覚えていなくても、サッカー人生に大きな影響を与えたマイアミの奇跡だったことは間違いない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化