スポーツ

アトランタ五輪で「中田英寿VS西野朗監督」はあったのか?明かされたハーフタイムの真実

 ブラジルを破った「マイアミの奇跡」で知られるアトランタ五輪(1996年)のサッカー日本代表。快挙の裏で選手と監督が対立しいたという話は、サッカーファンなら誰もが聞いたことがあるだろう。

 しかし、一般に知られている確執と実情はかなり違うようだ。アトランタ五輪メンバーだった前園真聖氏と白井博幸氏、アスルクラロ沼津で今も現役の伊東輝悦が、前園氏のYouTubeチャンネルで裏側について語った。

 まず、アトランタ五輪での対立とは何なのか。サッカーライターが解説する。

「ブラジルを破って勝ち点3を獲得し、グループリーグ突破が見えた第2戦の相手はナイジェリア。前半を0-0で終え引き分けでも十分という状況でした。ところがハーフタイムに中田英寿を中心とした攻撃陣は点を取りに行くことを主張し、もっと攻撃的にいきたいと西野朗監督に直訴した。監督はそれを認めず激しい口論になったというのです。第3戦のハンガリー戦で中田が試合に出場しなかったのは、この口論が理由であると言われていました」

 では実際のロッカールームはどうだったのか。白井氏が言うに、

「後から知った。そこまで揉めたとか言い合いになったという印象はない。俺からしてみれば、いつの話なんだろう? そんなのあったんだ?」

 といった具合で、伊東もこれに同調。口論は知らなかったという。

 ただ、それには理由があり、当事者の1人だった前園氏が以下のように明らかにした。

「ワーッと言い合いになれば皆わかると思うけど、そんな感じでもなかった。攻撃が俺と(城)彰二とヒデ(中田)の3人で、カウンターから攻撃になった時にもう少し人数が欲しいから攻撃的に行きましょうよ、と言った。すごく言い合ったら皆どうしたんだってなるけれども、そこまでじゃなかった」

 実際には「対立」や「言い合い」とは違い、落ち着いた話し合いだったということだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    加工に疲れた!?「証明写真」「写ルンです」の「盛らない」写真の人気事情

    SNSに投稿する写真は加工アプリを使って「盛る」ことが当たり前になっているが、今、徳にZ世代の間では「あえて盛らない」写真を撮影し投稿することがブームとなっている。いったい若者たちにどんな心境の変化があったのか。ITライターが語る。「盛らな…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人を辞めた元木大介に「ヘッドコーチ就任オファー」を出したのはあの「宇宙人監督の球団」か
2
【J1神戸】初優勝が三木谷会長の首を絞める大迫勇也・酒井高徳との契約更新「銭闘」
3
楽天球団「身売り説」再び!乏しい戦力でも補強の余裕なし…安楽智大の「パワハラ騒動」が拍車をかける
4
【現地ルポ】ゴーゴーバー連れ出し3.3万円…タイで夜遊びをすると日本より高い「厳しすぎる現実」
5
積水化学「クイーンズ駅伝」V奪還で黄金時代の到来!あの田中希実を破った選手が出場していないのに…