社会

池袋発「マッスルバー」が肉弾サービスで大盛況

 日本政府観光局が8月16日に発表した統計によると、7月の訪日外国人客は232万600人。コロナ前の水準に戻りつつある中、女性の筋肉美で世界中の観光客を魅了するスポットが東京・池袋に出現していた。

「ハイハイ、ソレソレ、マッスル!」

 アップテンポなBGMに合わせて、手拍子で盛り上げるのはスタイル抜群の筋肉美女たち。カウンター席を埋め尽くす客は、心からショータイムを楽しんでいるようで、気がつけば店内に設置されたマシンでは、「3、2、1、マッスル!」の掛け声とともに記念撮影大会が始まっていた。

 ここは20年6月にオープンしたコンセプトバー「筋肉女子 マッスルガールズ」。その名の通り、筋トレ女子に出会えるスポットで、スタッフいわく、

「客の9割は外国人。SNSなどを通じて世界に発信され、おかげさまで欧米やアジアなど多くの国からご来店いただいています」

 同店のウリがチップメニュー。購入した「マッスル$」(10マッスル$=1000円)を使うことで、筋肉女子のビンタやケツキックなどが体験できるという。 ハリマッスル店長(写真中央)に話を聞くと、

「やっぱりビンタのリクエストは多いですね。実は私、小学校から大学までバレーボールのアタッカーをしていたのでビンタには自信があるんです。基本的には常に全力。一度、オーストラリアから来たお客さんをビンタしたら、帰国後に口コミで広めてくれたらしくて、その友人がビンタを求めてわざわざ来店してくれたことも(笑)。そうそう、かなり首を鍛えていたのか、6発ビンタしても相手が微動だにしなかった時は少しヘコみましたね」

 客の体重に応じてチップが変動する「お姫様抱っこ」は、筋肉の見せどころだ。

「これまで抱っこした中でいちばん重かったのは130キロのお客さん。同じ130キロでもバーベルとは全然違う。実は人間を持ち上げる方が全然楽なんですよ」(ハリマッスル店長)

 なお、同店では前述したマシンでウエイトを規定回数クリアすれば、マッスル$が受け取れるサービスを提供。取材中、外国人男性が見事にクリアすると、店内は大歓声に包まれた。

「途中でリタイアしそうになったら愛のあるヤジを飛ばします(笑)。お客さんやマッスル女子が一緒になってカウントする時は何とも言えない一体感が味わえるんです」(ハリマッスル店長)

 世界標準の肉弾サービスを味わいたければ、予約は必須。公式サイトの専用ページで至福のマッスルタイムをリザーブすべし。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
AI予測「勝率10%」の絶望から大逆転した藤井聡太「普通ではない飛車」に解説者が思わず…
2
オリックス・山崎福也10勝到達の格安左腕は「FA移籍なら広島カープ」の裏事情
3
【サッカー日本代表】森保監督が神戸・大迫勇也の大一番を視察しないJリーグ関係者のボヤキ
4
高木豊が原監督に緊急提言!巨人に足りないのはリーダー「でも岡本和真ではなく…」
5
阿部慎之助は「戦犯扱い筆頭」元木大介は原監督と「亀裂」ダメ巨人で始まるコーチ陣大粛清