スポーツ

大谷翔平二刀流断念の真実(2)ケガ人続出で正捕手も不在

 この悲報を察知していたのが、現在は右ヒジの炎症で故障者リスト入りしているパドレスのダルビッシュ有(37)だ。

 8月25日、自身の音声配信コンテンツで、大谷が6月末から7月にかけて爪が割れて2試合連続降板したことに触れ、

「爪が悪いというより、どこかかばって投げていると感じた。8月に腕の疲労で登板をスキップした時も、僕はヒジなんじゃないかと思っていた」

 と明かしている。特に気になったのは球速の低下で、

「90マイル(約145キロ)とか投げていたから。ヒジの靱帯(負傷)の可能性があるんじゃないかと」

 とも付け加えている。友成氏は、ケガの最大の原因は〝勤続疲労〟にあるとし、こう断罪する。

「今年の場合、まず大きいのはWBCです。大谷は3試合に登板しましたが、どうしても投げさせたいなら決勝のアメリカ戦だけでよかった。いくら本人にやる気があったとはいえ、それに甘えて大谷を疲れさせただけにしか見えませんでした。開幕直前にエンゼルスに合流した時は、すでにヘトヘトでしたよ」

 少なくとも、初戦中国戦での大谷登板はムダ使いだった可能性が高い。WBC出場によるシーズンへの悪影響は開催前から取りざたされていたが、これに追い打ちをかけたのがエンゼルスの脆弱なチーム事情だ。それでもみずからの投打フル回転で「プレーオフ進出」に望みをつなごうとしたが、主砲マイク・トラウト(32)を筆頭にケガ人が続出し、疲労に拍車がかかった。

「早々に正捕手のローガン・オホッピー(23)が故障、その後も捕手から続々と負傷者が出ました。技術が足りない捕手も多く、大谷は後逸の可能性が高まるスプリット系の球を投げられず、ヒジへの負担が大きいスライダー系の球を多投せざるを得なくなった」(スポーツライター)

 さらにはメジャー特有の滑る使用球がヒジに悪い、という意見など負傷の原因はいくつも思い当たる。いずれにせよ、6月末から体のあちこちに異変をきたしていた時点で、判断のピークを迎えていた。MLB関係者が打ち明ける。

「ミナシアンGMをはじめ、フィル・ネビン監督らチーム関係者は、明らかにケガの兆候が表れ始めた大谷に対し、休むよう説得することができなかった。前例のない二刀流選手である大谷の疲労度は本人にしかわからず、本人の『出る』と言う言葉を鵜呑みにすることしかしなかった。ともに大谷を壊した戦犯として名指しされている」

 往年のベンチがアホやから‥‥、では済まされないだろう。

「ネビン監督は、米サイト『CBSスポーツ』で、メジャー全球団で解任される可能性がある監督の第1位に選出されています。同様に、今季壊滅的に崩壊した投手陣を預かるマット・ワイズ投手コーチも評価が下がった」(友成氏)

 当然、球団も現体制に納得しておらず、どうやらオフに「大粛清」が行われそうなのだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化