政治

自民党女性局「エッフェル騒動」が小沢一郎を助けた岩手県知事選「10万票差」ウラ

 9月3日に投開票が行われた立憲民主党・小沢一郎衆院議員のお膝元である岩手県知事選で、小沢氏の「国家老」を務める達増拓也知事が5回目の当選を果たした。

 この選挙、当初は永田町界隈で「今回は達増氏が自公支援候補に敗れ剛腕と言われた小沢氏の足元がガタガタになる」などとも囁かれていた。しかしいざフタを開ければ、10万票の大差で達増氏が圧勝。しかもこの選挙、自公候補敗北の大きな要因は、直前に大炎上した自民党女性局の「エッフェル騒動」の影響ともっぱらだ。

 達増氏に元県議で「岩手めんこいテレビ」の元アナウンサーと知名度抜群の千葉絢子氏が挑んだ知事選は、達増氏を立民など野党各党が支援し、自公は千葉氏を支援した事実上の与野党一騎打ちとなった。

 政治アナリストがさらに解説する。

「小沢氏の地元・岩手で、長らく自民はまったく歯が立たなかった。しかし最近は小沢氏が21年の衆院選の小選挙区で初めて敗れ、かろうじて比例復活。さらに昨年の参院選では小沢氏の側近議員が自民新人の広瀬めぐみ氏に敗れ、参院岩手で30年ぶりに自民党に議席を奪われるなど劣勢が目立っていた。自民はこの勢いで今回、小沢王国奪取に千葉氏を送り込み勝利に自信をのぞかせていました」

 ところが、ここに「エッフェル騒動」が直撃する。7月に自民党女性局のフランス研修旅行で、局長(当時)の松川るい参院議員らがエッフェル塔前でポーズをとって写真をSNSに投稿。大炎上したあの一件だ。

「昨年参院選で小沢氏の側近を破った広瀬参院議員が千葉候補に寄り添い、二人三脚で県内各地を回り評判も上々でした。ところがこの広瀬氏、実は松川氏や今井絵理子氏の両参院議員らと猛批判を浴びた『エッフェル騒動』議員のリーダー格だったのです」

 広瀬氏はパリ視察でもSNSにピースサインしている写真や飲食の写真とともに観光気分満載の投稿をしていたことが発覚。この話は地元岩手でもアッという間に拡散して大ヒンシュクを買い、慌てた広瀬氏は投稿を削除。しばらく地元の選挙戦も顔出しできず雲隠れ状態になった。

 地元記者も言う。

「あのエッフェル騒動から知事選は潮目が変わり達増氏に票が流れたと言われています。一方の小沢氏は頻繁に地元を訪れ、しかも白いスニーカー姿で愚直に街頭に立ち続けた。それがシニア層や女性層、無党派層などの共感を得、劣勢とされた達増氏の勢いを盛り返したとされます」

 政治の世界、一寸先は闇だ。

(田村建光)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
3
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴