社会

山崎元の「なっ得!オヤジのためのマネー講座」 -ギャンブルを楽しもう!-

20141113j

ギャンブルを楽しもう!ただし、「最大」と「平均」の損失を計算して冷静に継続するのだ

 読者には競馬ファンが多かろう。実は、筆者も毎週馬券を買っている。では、競馬にかけるお金は、どのような費目に分類すべきだろうか。筆者の考えでは「教養娯楽費」だ。筆者はギャンブルを肯定的に捉えている。日本にカジノを作ることにも賛成だ。人は、ギャンブルを通じて人生や社会の仕組みを学ぶことが出来るし、もちろん一時を楽しむことが出来る。

 一方、長くギャンブルを楽しむためには教養娯楽費にふさわしい管理が必要だ。

 仮に、週末のJRAの馬券だけを買い、1日に1万円勝負するとしよう。ひと月を4週間と考えるなら、最大限の損失額は8万円だ。これは、お金の運用でいうなら「リスク」の考慮に相当するが、この金額の損が家計に影響するようなら、1日1万円の勝負はあなたにとって分不相応だ。

 次に平均的な損得を考えよう。JRAは、先般、馬券の種類別の控除率(JRAの取り分)を変更したが、控除率は、平均的には25%だ。あらゆる勝負事にあって、胴元が取るテラ銭(実質的手数料)は重視すべきファクターだ。テラ銭に鈍感なギャンブラーは例外なく二流以下だ。率直に言って競馬の25%は大きい。競馬で生活出来るなどとは考えない方がいい。

 JRAが25%取るということは、毎日1万円馬券を買う競馬ファンは、ひと月に平均的に2万円損をするということだ。1日当たり2500円だ。映画を1本見るよりも少し高いが「映画よりも、競馬の方がずっと楽しい」と思えて、ひと月当たりの娯楽費として2万円が問題ないと判断出来るなら、あなたは胸を張って競馬を続けていい。

 毎月2万円は贅沢だ、あるいは、ひと月に8万円も損をすると家計に影響が出る、と思うなら、あなたは馬券代を縮小すべきだ。

 誰にとっても、「負けると痛い」と思う程度に張り合いがあって、負けが込んでも生活に響かない程度の加減があるはずだ。この加減が分からない人は、ギャンブルに近づかない方がいい。借金をした状態でギャンブルをしている人には「依存症」の疑いがある。向かうべきは、金融業者ではなく、病院だ(本当です!)。

 ギャンブルを楽しむ上で必要な第一の心構えは「負けを取り返そうとして賭けないこと」だ。ギャンブルでも相場でも古来「大損」は、小さな損を取り返そうとする時に起こっている。自分の負けを認められないのは、ギャンブルにも投資にも不向きな性格の最たるものだ。

 最大限の損失と平均的な損得を意識すべきこと、そして負けを認める冷静さや借金して賭けないことの重要性は、お金の運用にあっても同じことがいえる。そして、幸いなことに、お金の運用は、正しく参加するなら、競馬よりもずっと参加者に有利に出来ている。

◆プロフィール 山崎元(やまざき・はじめ) 経済評論家。58年、北海道生まれ。東京大学経済学部卒業後、三菱商事に入社し、野村投信、住友信託、メリルリンチ証券など12回の転職を経て、現在は楽天証券経済研究所客員研究員。獨協大学経済学部特任教授。「全面改訂 超簡単 お金の運用術」(朝日新書)など著書多数。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
2
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
3
鈴木紗理奈“吹き出物”告白に相次いだ「原因は木下優樹菜だろ」のヤユ!
4
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
5
剛力彩芽、「収入激減」報道でネット上は“ここぞとばかりの冷淡反応”だらけ!