スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「自在脚質マッドクールが勝つ」

 暑さはようやく遠のこうとしているが、10月初日に秋競馬GⅠシリーズの幕開けを飾る一戦、スプリンターズSが中山で行われる。今年もフルゲート(16頭)必至の熱い電撃の6ハロン戦。胸躍る、すさまじいばかりのスピード競馬が堪能できそうだ。

 昨年の高松宮記念を制したナランフレグなど古豪の顔ぶれも見られるが、おおむねノビシロ十分な、これからのスター候補が多い。

 スプリンターは、中・長距離ランナーに比べて消長が激しいようで、何年か続けて王座に居座ることは少ない。だから馬券的におもしろいとも言えるが、それだけに難解でもある。

 まずは今年の顔ぶれを見てみよう。

 高松宮記念7着後、香港にも遠征したアグリ、昨年の2着馬ウインマーベル、アイビスSDの覇者オールアットワンス、函館SSを勝つなど急激に伸びてきたキミワクイーン、目下、重賞を2連覇中のジャスパークローネ、前哨戦のセントウルSを14番人気で制したテイエムスパーダ。

 さらに、6ハロン戦のスペシャリストのトウシンマカオ、デビューから3連勝で2歳王者に輝いたドルチェモア、前走のキーンランドCを制して意気上がるナムラクレア、一昨年の覇者ピクシーナイト、良血馬のママコチャなど、多士済々。おもしろくも難解であるのは前記したとおりだ。

 では、過去の傾向はどうか。02年に馬単が導入されて以降、これまでの21年間、その馬単による万馬券は5回(馬連は2回)を数える。この間、1番人気馬は9勝(2着3回)、2番人気馬は2勝(2着8回)。1、2番人気馬によるワンツー決着は4回。堅い時は堅いが、馬単万馬券は約4年に1回の割合で飛び出しており、中穴傾向のGⅠ戦と言ってよさそうだ。

 年齢的には充実ぶりが目立つ4、5歳馬がよく連対を果たしている。出走頭数も多いが、4歳馬は7勝(2着4回)、5歳馬が4勝(2着11回)。ちなみに4歳馬に関しては勝ち馬の半数以上の4頭が牝馬で、5歳馬も勝ち鞍はないものの、2着馬の5頭は牝馬である。他の世代も牝馬の活躍が目立っており、特筆していいだろう。

 もろもろ考慮したうえで最も期待を寄せたいのは、マッドクールだ。4歳牡馬でノビシロ十分。まだ底を見せていないところも魅力で、中心視してみた。

 前走のCBC賞は、9着と1番人気を裏切る結果となったが、これで評価が下がったのであれば、穴党としては大いに歓迎である。

 その前走は直線を向いたところで余力がなかったそうだが、4月の春雷S(1着)からひと息入ったあとで、余裕残しの状態。体調に問題があったのではなかろうか。

 今回も短期放牧明けで3カ月ぶりの実戦になるが、前走と違ってしっかり乗り込んでおり、調整に抜かりはない。1週前の追い切りもキビキビした動きで実にいい感じだった。

 母のマッドアバウトユーは愛1000ギニー(桜花賞に相当)2着馬で、父ダークエンジェルは快足を誇った6ハロン戦のGⅠ勝ち馬。そうした血統の背景があるだけに、短距離戦はめっぽう得意にしている。自在の脚質で展開に左右されないのもプラス。中山実績もあり、大きく狙ってみたい。

 逆転候補として挙げたいのは、ジャングロである。前走のセントウルSは6着に敗れたが、内容は決して悪くなく、長期休養明け3戦目の今回は、変わり身を見込んでいいはずだ。

 スピードは一級品で血統(母系)もいい。逃げ一本やりから脚質の幅が出てきたのもプラス。現時点では除外対象だが、出てくるようなら一発があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱