社会

中国“サンゴ密漁船”への反撃シナリオとは?(4)軍事演習で大艦隊が出動

 伊藤氏が続ける。

「武器を持っている可能性がある200隻以上の船団といっても、しょせんは密漁船です。日本の自衛隊が出動すれば、すぐに追い払うことはできる。ニューヨークヤンキースのマー君がリトルリーグの打者を相手にするようなものですよ」

 こうした状況下、永田町でも国際法に基づく領域警備の法整備などが議論されている。田母神氏は具体的な一斉掃討シナリオについて踏み込んで言う。

「尖閣諸島に関しては1年半も領海侵犯を許し続けています。日本の海だというのに日本の船が操業できずに、中国の船が我が物顔で操業しているのはまったくおかしなことです。このまま日本政府が静観の姿勢を見せるのなら、小笠原諸島、伊豆諸島近海でも同様の事態が続くかもしれません。もしも私が防衛大臣だったら、直ちに自衛隊を集結させます。そして、言うことを聞かない船は容赦なく撃ちます。自衛隊を集結させる方法はいくらでもありますよ。例えば『軍事演習』とアナウンスすればいいのです。そして大艦隊を出動させて、『演習の一環』として中国船団に向かって威嚇射撃を行う。大艦隊の威力を知った中国船団は、おじけづいて一目散に逃げていくでしょう。日本政府が強硬策に出ないのは、国を守る勇気がないからです」

 これ以上ツケ上がらせないためにも、傲慢、厚顔な国家ぐるみの犯罪行為には、もはや実力行使をもって対抗するしかないのである。そして密漁行為そのものについても、

「海上保安庁が現認しなくても(船長らを)拘束して、中国に送り返すことをしないとダメでしょう。そうしないと中国共産党中央から撤収命令が出るまで居座り続けますよ」(野口氏)

 こうしている間にも、小笠原諸島近海で堂々と赤サンゴをあさり、日本の国防情報収集に精を出す中国船団。

「台風20号が通過したあとは、伊豆諸島方面に北上しているようです」(佐藤氏)

 日本政府は密漁船全船を駆逐する決断を下すことができるのか。こんな弱腰外交を続けてしまえば、情報収集を終えた中国が次に尖閣諸島の急襲作戦に打って出るかもしれないのだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫