芸能

大人気ドラマ「マッサン」を彩る美女優たちの秘話(2)相武紗季のイジメ演技をピン子が絶賛

20141204i

 その食べ物はズバリ「餃子」。ところが太りやすい体質のケイトは、餃子の食べ過ぎでうっすら二重顎に。「餃子絶ち」を宣言したものの、撮影が深夜に及ぶと親しいスタッフに差し入れをしてもらっている。食後は腹に手を当てて飛び回る奇妙なダンスを踊り、こう言い放つのだ。

「ほら、踊れば太らない!」

 この創作ダンスは「餃子ダンス」と呼ばれ、現場を和ませているという。

 大阪弁もお気に入りで、

「ぼちぼちでんな」

 が現在の口グセ。一日の撮影が終わると、

「よっしゃ~っ! えぇでっ!」

 と、絶叫している。現在ではピン子もこうベタぼめするようになったという。

「おもしろい子ね~。間違いなくスターになるよ」

 続いては夏樹の娘役である相武紗季だ。宝塚OGの母を持ち、姉も宝塚の娘役だが、デビュー直後は鳴かず飛ばずで、

「これで売れなかったら脱ぎの仕事しかない」

 と言われた時期もあった。そこからはい上がった女優根性は見上げたもの。06年にテニス選手を演じた時には、気温10℃以下の体育館で10時間以上の撮影にも泣き言ひとつ言わず、

「演技に集中したいから」

 と、ストーブにも当たらなかった。スタッフが心配すると、

「あかん、さぶいぼ(鳥肌)出てきた」

 と、言って周囲の苦笑を誘っていたという。

「彼女は兵庫県出身で、関西弁に自信があったようです。しかし、舞台は大正時代、イントネーションも当時のものなので相当ダメ出しされました」(NHK関係者)

 これにはめげたようで、

「私もうボロボロ‥‥」

 とコボすこともあった。

 婿候補をケイトに奪われたことからイジメ役を演じることになったが、鏡の前で独り黙々とキツイ表情を作るなど、役作りに専念しているという。朝ドラの悪役といえば日本中から嫌われる役だ。しかし相武は、

「本気でそう思われるなら役者冥利に尽きる」

 と、喜々として演じているという。もちろん、この迫真イジメ演技を絶賛したのは、やはりピン子だった。

 しかし、同世代である相武とケイトとの本当の仲を、夏樹が明かす。

「紗季ちゃんは英語が話せるので、エリーちゃんと2人でコミュニケーションを取っていました。ふだんでも仲よしなんですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
ヒカキン「めざましテレビ」レギュラー決定も局内から「安直すぎる」の声