芸能

大人気ドラマ「マッサン」を彩る美女優たちの秘話(2)相武紗季のイジメ演技をピン子が絶賛

20141204i

 その食べ物はズバリ「餃子」。ところが太りやすい体質のケイトは、餃子の食べ過ぎでうっすら二重顎に。「餃子絶ち」を宣言したものの、撮影が深夜に及ぶと親しいスタッフに差し入れをしてもらっている。食後は腹に手を当てて飛び回る奇妙なダンスを踊り、こう言い放つのだ。

「ほら、踊れば太らない!」

 この創作ダンスは「餃子ダンス」と呼ばれ、現場を和ませているという。

 大阪弁もお気に入りで、

「ぼちぼちでんな」

 が現在の口グセ。一日の撮影が終わると、

「よっしゃ~っ! えぇでっ!」

 と、絶叫している。現在ではピン子もこうベタぼめするようになったという。

「おもしろい子ね~。間違いなくスターになるよ」

 続いては夏樹の娘役である相武紗季だ。宝塚OGの母を持ち、姉も宝塚の娘役だが、デビュー直後は鳴かず飛ばずで、

「これで売れなかったら脱ぎの仕事しかない」

 と言われた時期もあった。そこからはい上がった女優根性は見上げたもの。06年にテニス選手を演じた時には、気温10℃以下の体育館で10時間以上の撮影にも泣き言ひとつ言わず、

「演技に集中したいから」

 と、ストーブにも当たらなかった。スタッフが心配すると、

「あかん、さぶいぼ(鳥肌)出てきた」

 と、言って周囲の苦笑を誘っていたという。

「彼女は兵庫県出身で、関西弁に自信があったようです。しかし、舞台は大正時代、イントネーションも当時のものなので相当ダメ出しされました」(NHK関係者)

 これにはめげたようで、

「私もうボロボロ‥‥」

 とコボすこともあった。

 婿候補をケイトに奪われたことからイジメ役を演じることになったが、鏡の前で独り黙々とキツイ表情を作るなど、役作りに専念しているという。朝ドラの悪役といえば日本中から嫌われる役だ。しかし相武は、

「本気でそう思われるなら役者冥利に尽きる」

 と、喜々として演じているという。もちろん、この迫真イジメ演技を絶賛したのは、やはりピン子だった。

 しかし、同世代である相武とケイトとの本当の仲を、夏樹が明かす。

「紗季ちゃんは英語が話せるので、エリーちゃんと2人でコミュニケーションを取っていました。ふだんでも仲よしなんですよ」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!