芸能

「紅白」当落“場外バトル”を生中継!(1)松たか子が出演する可能性は?

20141211z

 歌は世につれ世は歌につれ、今年も出演者が決まりましたNHK「紅白歌合戦」。選ばれた人、選ばれなかった人、そして断った人。何より気になるのが紅組──女たちの場外バトルでございます。お茶の間をにぎわせる大みそかの歌の祭典の舞台裏。皆様に余すところなく生中継でお届けします。

 11月26日にNHKが「紅白歌合戦」の出場歌手を発表した。全51組中、初出場は5組。今年は目玉なしとの声が強いが、決定まで話題になったのは大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」の「レリゴー」(「Let It Go~ありのままで~」)を誰が歌うのか? ということだろう。なぜならこれには「4人の女が絡み合う」からだ。

 英語版ではイディナ・メンゼル(43)が歌い、日本語吹き替え版では、松たか子(37)が、エンディングではMay J.(26)が「レリゴー」を歌っているのだ。しかも神田沙也加(28)が挿入歌を担当している。もちろん、NHKは松に対して必死の交渉を繰り広げていた。しかし、松は、

「出演したら本業の歌手の方に失礼です」

 と、色よい返事をしなかったのである。その原因は今年1月に公開した映画「小さいおうち」だという。山田洋次監督との仕事により、再度、女優の楽しさに目覚めた松は、

「今は、基本的にお芝居のお仕事をしたい」

 と周囲に主張していた。そんな松に対しNHKは10月頃、“最強の刺客”を差し向けた。NHK関係者が語る。

「大河などで松さんときわめて近い関係にあるプロデューサーを通して説得を続けたんです。さすがに松さんも強く断れず、曖昧な受け答えをしていました」

 この態度をNHKサイドは「好感触」と捉え、局内の紅白に関連する部署では「出そうだ」ということで盛り上がることになった。

 今となってはむなしい“お祭り”騒ぎとなったが、松は発表翌日に妊娠6カ月であることを公表した。しかし、現在は8年ぶりに映画化される「HERO」の撮影中であり、妊娠が固辞の理由とは言えない。最後まで「出演辞退も怖くないわ」という気持ちだったのか‥‥。結局、NHKは「アナ雪」特設コーナーを設け、May J.と神田沙也加をスタジオに、本家のイディナ・メンゼルがNYから中継する形で放映する予定だ。松に関してもいまだ諦めてはいないようで、

「そこに松さんがサプライズ出演する可能性はわずかながら残っています」(NHK関係者)

 しぶとく交渉は続いているようだ。

 さて、今年で65回を迎える紅白だが、「時代遅れ」の感は否めない。上智大学文学部新聞学科教授(メディア論)の碓井広義教授が語る。

「紅白が変わったというより、視聴者側が変わったと言えるでしょう。視聴者のテレビに対するスタンスが変わってしまった。今の視聴者にとっての『メディアの優先順位』で、何が自分にとって大事か? と考えると必ずしもテレビは一番ではありませんから」

 最高視聴率81.4%の記録を持つ大みそかの恒例行事は、すでに役割を終えているのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!