スポーツ

「有馬記念」必勝スペシャル!元騎手・安藤勝己が有力馬を徹底分析(1)

20150101_08mm1st

 2014年を締めくくる「有馬記念」は、GI馬10頭という豪華メンバーがそろった。そこで、競馬界のレジェンド“アンカツ”こと安藤勝己元ジョッキーが有力馬を徹底分析!

安藤 今年はメンバーがそろってる。「JRAが出走馬を集めるために優遇措置を講じた」なんて聞いたけど、それぐらいのことをしたほうがいいよね。有馬記念ぐらいは馬券を買おうという人もおるだろうからな。正直、今までのメンバーはちょっとさみしいところがあったから‥‥。馬場も改修して、芝がいい状態という部分でも、これだけ馬がそろったんだろうけどな。

 その馬場だけど、開幕週を見ていると、時計がかかっているし、差しが決まっていた。当日どうなるかはわからんけど、今年の予想は難しいわ(笑)。

── 冬の風物詩の一つ、中山競馬場で行われる有馬記念は、その独特のコース形態や2500メートルという距離が予想を難しくさせているだけに、安藤氏の診断は聞き逃せない。昨年の分析では優勝した怪物オルフェーヴルの強さを強調。2番人気に支持されたゴールドシップは、気難しい部分などの不安点をあげ、レースでは約10馬身離された3着に敗れている。はたして今年の主役は?

安藤 オレは軸にするんであれば、ジャスタウェイがいいと思うんよ。今年3月のGIドバイデューティフリーを見ると、やっぱり能力はある。強えわな。その前走の中山記念でもいい競馬をしてるし、信用できると見てる。距離にしてもこなせるで。東京の2400メートルのジャパンCよりも、有馬の2500メートルのほうが距離は長くても、ごまかしが利くというか、こなしやすいんよ。状態さえ変わりなく出てくれば、勝つまではどうかわからんけど、軸として信頼できるタイプだと思うわ。

── 今年のジャパンCは、GI馬12頭という好メンバーがそろい、馬券的には難解な一戦だった。結果は安藤氏が予想した▲エピファネイア、◎ジャスタウェイ、△スピルバーグで決着した。

安藤 ジャパンCで対抗に推したジェンティルドンナ(4着)は、確実に上位に来たけど、やっぱり馬場が渋った影響だと思う。でも、有馬では厳しいやろう。この馬、右回りはマイナスと考えたほうがいいと思うよ。それに、今の時計のかかる馬場も向かんやろうし。

 勝ったエピファネイアは‥‥これがまた難しいんよ(笑)。どう取るか。やっぱり乗り難しい馬で、流れひとつで引っ掛かる可能性があるしな。ジャパンCはスローでもなく、淡々と流れて、あの馬場にしては時計も速くて、流れが向いとった。正直、キレるタイプじゃなくて、平均的にダァーって行くような緩みのないレースが合ってると思うんよ。ただ、今回はそんなにペースが速くなんねぇかもしれんしな。先行馬の顔ぶれを見ても、スローにしたい馬が多いし、今年は枠順しだいでガラッと変わりそうやね。

◆アサヒ芸能12/22発売(1/1・8年末年始合併特大号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」