スポーツ

ヤクルト・高津臣吾監督の後継者に挙がる「首脳陣2人と大ベテラン現役選手」の評価

 開幕から混戦が続くセ・リーグ。今年はどのチームが優勝してもおかしくないと評論家諸氏は言うが、水面下では早くも来季以降に向けた動きが漏れ伝わってくる。

 最下位ヤクルトは、2020年からチームを率いる高津臣吾監督が、今シーズンで5年目。長期政権が続いている。

「ですが2021年、2022年のリーグ2連覇以外の年は、いずれもBクラスに沈んでいる。もともとケガ人が多いのですが、あまりの乱高下ぶりに、球団フロントの評価は甲乙つけがたく、意見が割れています」(球団関係者)

 仮にBクラスで終わった場合は3年連続でV逸したことになり、責任問題に発展することが予想される。となれば、次期監督の話題が急浮上することになるが、

「候補者は、こちらも長きにわたりファームを指揮する池山隆寛2軍監督、現役選手の青木宣親、そして嶋基宏1軍ヘッド兼バッテリーコーチです」(前出・球団関係者)

 嶋コーチは楽天の正捕手として活躍したが、球団フロントと衝突したこともあって戦力外に。その後、ヤクルトに拾われてプレーした後に引退。以降は指導者としてキャリアを積んでいる。捕手出身の監督は投手、野手の双方をカバーできるので重宝されるのだが、

「1軍ヘッドコーチになってからの戦術面での仕掛けに、ちぐはぐさが見られてあまり評価が芳しくありません。ファミリー球団らしく、本来は純血監督を求めています。なので経験を積んでも、なかなか監督にはなれないのです」

 混迷を続ける古巣からお呼びがかかることを祈るしかないのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」