スポーツ

不眠症悪化の夏に…2年連続で持ち上がった阪神・岡田彰布監督の「今年で勇退」宣言

 昨年のセ・リーグ爆走から一気に日本一まで上り詰めた勢いは全くない。どうにもパッとしない阪神タイガースの中心に鎮座するのは、岡田彰布監督。シーズンを折り返し、首位争いを繰り広げる広島やDeNAと比べると、「爆発力はない」と球団OBは断言するのだ。

「去年があまりにもできすぎたから余計に目立っとるんやけど、本来の戦力はこんなもんやで。確かに投手はちょっと打たれ過ぎ感があるけど、それよりも野手は何をしてんねん、って話。大山(悠輔)は国内FA権を取得して、個人成績を上げれば年俸をガッポリ稼げる大チャンスやのに振るわんし、近本も精彩を欠いている。外国人選手? 岡田監督同様アテにしてないから、フロントがまともな人材を連れてこられへん。そのあたりは日本一になってもなんら変わってへんところやな」

 このまま終わると思いたくはないが、列島にタイガース旋風を巻き起こした翌年に平凡な成績でシーズンを終える姿は、前回日本一になった1985年の翌年とどこか似ている。さらに2年続けて「アノ問題」が…。

「岡田監督の不眠症がヒドさを増していると、現場ではもっぱらです。現場指揮官は健康問題が取り沙汰され始めると、そこから短命に終わるパターンが多い。昨年夏に遠征先で旧知のマスコミに『今年で辞めようかと思う』と漏らしたことが明るみに出て、球団内外は大騒ぎになりました。今年もそれと近い話が漏れ始めています。勇退宣言は時間の問題でしょう」

 その前に岡田監督に課せられた後継者育成は、うまくいっているのか。まずは総点検が必要になる。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
2
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」
3
【専門計測値で判明】12球団で最も本塁打が出やすい球場は「甲子園の4倍」のココだ!
4
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
5
「元祖SNS炎上妻」騒動もあったけど…広島カープ・小園海斗が4番で成功した「最大の要因」