芸能

もう来年はない!?「R-1ぐらんぷり」がシラけまくる笑えない理由とは?

20150222r-1

 2月10日、ひとり芸人日本一を決める「R-1ぐらんぷり2015」(フジテレビ系)が放送され、過去最多となるエントリー3751人の中から、じゅんいちダビッドソンが王座に輝いた。

 決勝戦でじゅんいちダビットソンは、女芸人のゆりやんレトリィバァや、敗者復活から勝ち上がったマツモトクラブと対決したが、サッカーの本田圭佑がスーパーの店員を扮するものまねコントが審査員の票数を最も多く集め勝利した。しかし、お笑い関係者たちの顔は一様に渋いのはなぜか?

「R-1は数あるお笑いグランプリの中でも、特に厳しい状況にあると言っていい。まず、今年から東洋水産がスポンサーから撤退しています。過去、優勝者は一般的に無名芸人が多く、一向にブレイクしないため、宣伝効果がないと判断したのでしょう。また視聴率も関東では10.2%とゴールデンにもかかわらずかなり低調です」(芸能プロ関係者)

 そして、肝心の芸に関しても視聴者を惹き付けることができていないという。

「アジアン・馬場園は友近を彷彿とさせるネタ、NON STYLE・石田はバカリズム、鉄拳などのフリップ芸など、散々見てきたようなものばかりで視聴者からは飽きられています。それどころか、COWCOW・善しは、画面にツッコミを入れるスタイルだけでなく、テトリスという題材やボケの方向性が過去に陣内智則がやっていたことと非常に似ていたため、お笑いファンから“陣内のマネするな”といった厳しい声があがっています。こんな状態で来年も続けていけるのか疑問ですね」(前出・芸能プロ関係者)

 コンビではクマムシや8.6秒バズーカーが気を吐いているが、お笑いブームの完全復活はまだまだ先のようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
3
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗