エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(1)桃太郎侍 高橋秀樹 初めは悪人を「峰打ち説教」

 日活のスターとして活躍中の68年、NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」で初の時代劇出演を果たした高橋英樹。以後、数多くの作品で主役を張ってきたが、ファンにとって印象深いのは、やはり「桃太郎侍」だろう。


 これまでバッタバッタと7万人は斬りましたかね。
「桃太郎侍」だけでも2万人以上。でも、桃太郎は当初、峰打ちにして悪人を諭そうという話だったんです。扮装も黒の着流しで地味な感じ。それで2クールほど続けましたが、撮っていて何かスッキリしない。やっぱり時代劇はスカッとしなくちゃいけない、と考えていました。
 主題歌を歌った三波春夫さんとゴルフをした時、
「桃太郎、お地味ですねぇ」と言われまして、自分でも感じていたから、いいきっかけだと思って、制作側と話し合いを続けました。で、「諭してわかる程度の悪人が相手では、桃太郎がカッコよくない。とにかく悪人を斬ろうよ」ということになったんです。
-*-*-*-*-*-*-
 高橋英樹(67)。千葉・木更津出身。時代劇初出演は68年、NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」の武市半平太役。以後、織田信長(『国盗り物語』73年・NHK、『織田信長』94年・テレビ東京)、清水次郎長(『次郎長三国志』91年・テレ東)、柳生宗矩(『柳生武芸帳』10年・テレ東)など多くの歴史上の人物を演じる一方、「桃太郎侍」(76.81年・日テレ系、92.94年・テレ朝系)、「遠山の金さん」(82.86年・テレ朝系)など痛快娯楽時代劇の当たり役も多かった。
-*-*-*-*-*-*-
 同じ斬るのでも、普通に斬ったのではおもしろくない。かつて任.映画で高倉健さんが「親分さんには恨みはございませんが、死んでもらいます」と斬るんですけど、それがカッコいい。こういう決まりゼリフを使えないかということになり、できたのが「一つ、人の世の生き血をすすり」「二つ、不埒な悪行三昧」「三つ、醜い浮世の鬼を、退治てくれよう、桃太郎」と数え歌を唱えながら悪人を成敗すること。
 ただ、脚本家が「十でとうとう悪人退治」と十まで作ってきて、これでは斬る相手は200人くらいになる。正味45分のドラマではせいぜい40人。で、三つになったんです。
 さらに、三波春夫さんのおっしゃるとおり、「お地味」はやめて、三波さんが舞台で使う衣装をヒントに白に柄の入った派手なものに変え、般若の面をかぶって登場。それがヒットして、「桃太郎侍」は258本も続くことになったんです。
-*-*-*-*-*-*-
 子供の頃からチャンバラが好き。激しい立ち回りも殺陣師が1回やるのを見ていたら、すぐにわかったという。立ち回りがうまいと言われた若山富三郎は「(自分に次いで)うまいのは高橋英樹だな」と語っていたという。
-*-*-*-*-*-*-
 一呼吸で5人は楽に斬れますね。ですが、7人続けて斬ったら、さすがに息が「ハァ.」となる。すると監督が「それ、いいね」って言いだして、そのまま採用されることになったんです。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!