エンタメ

アサ芸世代1000人アンケート 後世に遺したい「テレビ時代劇」(1)桃太郎侍 高橋秀樹 初めは悪人を「峰打ち説教」

 日活のスターとして活躍中の68年、NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」で初の時代劇出演を果たした高橋英樹。以後、数多くの作品で主役を張ってきたが、ファンにとって印象深いのは、やはり「桃太郎侍」だろう。


 これまでバッタバッタと7万人は斬りましたかね。
「桃太郎侍」だけでも2万人以上。でも、桃太郎は当初、峰打ちにして悪人を諭そうという話だったんです。扮装も黒の着流しで地味な感じ。それで2クールほど続けましたが、撮っていて何かスッキリしない。やっぱり時代劇はスカッとしなくちゃいけない、と考えていました。
 主題歌を歌った三波春夫さんとゴルフをした時、
「桃太郎、お地味ですねぇ」と言われまして、自分でも感じていたから、いいきっかけだと思って、制作側と話し合いを続けました。で、「諭してわかる程度の悪人が相手では、桃太郎がカッコよくない。とにかく悪人を斬ろうよ」ということになったんです。
-*-*-*-*-*-*-
 高橋英樹(67)。千葉・木更津出身。時代劇初出演は68年、NHK大河ドラマ「竜馬がゆく」の武市半平太役。以後、織田信長(『国盗り物語』73年・NHK、『織田信長』94年・テレビ東京)、清水次郎長(『次郎長三国志』91年・テレ東)、柳生宗矩(『柳生武芸帳』10年・テレ東)など多くの歴史上の人物を演じる一方、「桃太郎侍」(76.81年・日テレ系、92.94年・テレ朝系)、「遠山の金さん」(82.86年・テレ朝系)など痛快娯楽時代劇の当たり役も多かった。
-*-*-*-*-*-*-
 同じ斬るのでも、普通に斬ったのではおもしろくない。かつて任.映画で高倉健さんが「親分さんには恨みはございませんが、死んでもらいます」と斬るんですけど、それがカッコいい。こういう決まりゼリフを使えないかということになり、できたのが「一つ、人の世の生き血をすすり」「二つ、不埒な悪行三昧」「三つ、醜い浮世の鬼を、退治てくれよう、桃太郎」と数え歌を唱えながら悪人を成敗すること。
 ただ、脚本家が「十でとうとう悪人退治」と十まで作ってきて、これでは斬る相手は200人くらいになる。正味45分のドラマではせいぜい40人。で、三つになったんです。
 さらに、三波春夫さんのおっしゃるとおり、「お地味」はやめて、三波さんが舞台で使う衣装をヒントに白に柄の入った派手なものに変え、般若の面をかぶって登場。それがヒットして、「桃太郎侍」は258本も続くことになったんです。
-*-*-*-*-*-*-
 子供の頃からチャンバラが好き。激しい立ち回りも殺陣師が1回やるのを見ていたら、すぐにわかったという。立ち回りがうまいと言われた若山富三郎は「(自分に次いで)うまいのは高橋英樹だな」と語っていたという。
-*-*-*-*-*-*-
 一呼吸で5人は楽に斬れますね。ですが、7人続けて斬ったら、さすがに息が「ハァ.」となる。すると監督が「それ、いいね」って言いだして、そのまま採用されることになったんです。

カテゴリー: エンタメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
紅白出場のAKB48で「支店メンバーは出ない」!?その2つの根拠とは
2
今回はお預け?氷川きよし、NHK紅白で“キャラ変”披露はナシ説の納得理由
3
深田恭子、加藤綾子…芸能人「いい夫婦の日」に続く年末年始婚ラッシュ予測!
4
2019年の「やらかし美女」が決定!下腹部見せの不貞女子アナが奇跡の戴冠
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは