芸能

ついに倒産した「イエローキャブ」10大事件簿!(3)小池栄子は減量指令で引退を決意していた

20150305g

「太平洋上の帰還命令」という一大事が勃発したのは02年元旦のこと。フジテレビのビジュアルクイーンにも輝いた川村亜紀(34)=B86・W58・H85=が、まさしく“真珠湾攻撃”を食らった形である。

 グラビア黄金期のイエローキャブは、水着撮影会で全タレントがハワイに出向くことを恒例としていた。川村も参加していたが、自身の扱いを巡って、何かとゴネることが多かった。

「当時のイエローキャブは次々と新人が台頭してくるから、自分のポジションについて不安を感じたんでしょう。それが撮影会で一気に『やる気のなさ』を露呈して、野田社長の逆鱗に触れた」(写真集コーディネーター)

 運が悪いことに直前、あの「9.11同時多発テロ」が発生した影響で、渡航には緊張感が高まっていた。そんな時期の撮影会であったのに、態度の悪さを見せられたらたまらない。

「イヤなら帰っていいんだぞ」

 野田社長は川村1人をハワイから強制送還させ、同時に「1年間の自宅謹慎」を言い渡す。

「箝口令が敷かれていたはずなのに『東スポ』の1面を飾った。誰がしゃべったのかと思ったら、野田社長本人(笑)」(写真集コーディネーター)

 川村の不安を増幅させたのは、入れ代わりで大ブレイクした小池栄子(34)の存在だ。その小池もデビュー直後に1度、引退を決意したことがある。

「デビューしてすぐに太りすぎてしまって、事務所から10キロの減量指令が下されたんです。そのことをプレッシャーに感じ、急に『保母さんになりたいのでやめます』と言いだしたんですよ」(イエローキャブ元スタッフ)

 グラビア仲間の説得もあり、引退を思いとどまったばかりか、ダイエットにも成功して人気は急上昇。

 そんな小池にとって思わぬ“天敵”が現れた。当時、タレントとしてもテレビに引っ張りだこになっていた野田社長自身である。

「バラエティ番組の収録の合間に、小池にピシャリと言われたんです。私と社長を同じ番組で共演させないでほしいって」(イエローキャブ元スタッフ)

 野田社長に求められるのは鬼軍曹キャラであり、それは自社のタレントを相手にしてこそ発揮される。

「小池の言い分は、事務所とか舞台裏で怒られる分にはかまわないと。ただ、テレビに映るところで辛辣なことを言われるのは耐えられない──その意見は尊重するようにしました」(イエローキャブ元スタッフ)

 04年の分裂騒動で小池は野田社長と袂を分かったが、案外、この時の遺恨が尾を引いていたのかもしれない。

 そして、イエローキャブ初の100センチ超え巨乳を誇ったのが根本はるみ(34)=B103・W60・H88=だったが──。

「実は、根本はデビュー前から首の後ろにバタフライ形のタトゥーが入っていた。撮影で絶対に見つからないように、全スタッフで徹底ガードしていました」(グラビアスタイリスト)

 最後に登場するのは、青山学院大卒の高学歴ながら、負け犬キャラが定着しつつある小林恵美(32)=B88・W56・H83=。04年の分裂時に小林が選択したのは「イエローキャブ残留」だった。

「ところが、そのあとになって『サンズ』に移籍。だったら、最初からそっちを選べよって全員がずっこけましたよ」(イエローキャブ元スタッフ)

 巨乳だけでなく、醜聞においても「殿堂」であった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!