芸能

テリー伊藤対談「唐橋ユミ」(4)恋愛してみたい男性のタイプは?

20150430z-2

テリー それでアナウンサーとして活躍したのかぁ。最近はバラエティ番組にも出てるよね。

唐橋 今まではアナウンサーとしてやってきたんですけど、バラエティからもお声がかかることが多くなって、少し戸惑ってるところもあります。

テリー いいじゃない。しかもご自身の本も出したんでしょう。「わたしの空気のつくりかた」というタイトルだけど‥‥。

唐橋 人間関係で悩んだり、社会の中でうまくいかないなと感じる方は多いと思うんですけど、無理をしないで、本当に自然体でいいんだよ、っていうメッセージを込めたんですね。

テリー なるほどね。

唐橋 それと、私が仕事をするうえでポイントとしているのは、常に「自分を俯瞰して見る」ということなんですね。スタジオにいても、もう1人の自分がそれを見ているという感覚。そういう感覚を持っていれば、仕事もうまくいくことが多いと思います。

テリー 自分を客観視するってことだよね。唐橋さんは、女子アナにはあまりいないタイプかも。俺はテレビで見ていて、20代だと思っていたから、40歳と聞いて、びっくりした。

唐橋 見た目どおりです。

テリー いや、どう見ても40には見えないよ。

唐橋 母が作った化粧水をいつもつけてるせいかな。

テリー ああ、ご実家の酒蔵で作ってる、日本酒の化粧水? それは肌にすごくよさそう。

唐橋 それ以外、何もやってないんです。

テリー ということは、その化粧水をつければ、俺も唐橋さんみたいになれるっていうこと?

唐橋 ハハハ、お肌にはとってもいいですよ(笑)。

テリー 唐橋さんの人気が高いということは、最近の若い男は40歳ぐらいの女の人が好きなのかな。壇蜜なんかも、落ち着いた雰囲気があるタイプだけど。

唐橋 男性は甘えたいんですかね。

テリー 若い男性をどう思う?

唐橋 育ててあげたいみたいな願望はありますけど、「前のめりになるだけが愛じゃないんだよ、引いた愛情っていうのもあるんだよ」っていうことを言いたいです。そういう恋愛はしてみたいですね。

テリー ということは、年下の男性と恋愛をしたい?

唐橋 それはどっちでも。年上でも年下でも。

テリー タイプの男性は?

唐橋 まず、眉毛をあまりいじってない人ですね。

テリー ああ、最近細くしたり、形を整えている男性がいるよね。

唐橋 中身がステキでも、眉毛を見ると本当にもったいないと思ってしまいますね。あとはさっき言ったような感じですが、「引いた愛情を持っている人」が好きです。何かをあげたり、言葉をかけたりしてあげるのは簡単なことなんですけど、あえて引いて、見守ってるっていうことができる人。

テリー 今、恋人は? 仕事場で口説かれたりしないの、メール教えてとか。

唐橋 う~ん。私は友達に「もうちょっと男性に対して、丁寧に対応したら」って怒られるぐらいなんですけど、自分から思わせぶりな態度をしないようにしてるんです。

テリー 偉い! 思わせぶりをして「えっ、そんなつもりじゃなかったんです」っていうふざけた女がいるもんな。そういうのが嫌なんでしょう。

唐橋 はい。

テリー わかるよ。じゃあ、今はあまり男性との恋愛に生きるって感じじゃないんだね。すると、これからの夢は何ですか。

唐橋 ラジオのお仕事が大好きなので、自分のラジオ番組を持ちたいですね。

◆テリーからひと言

 唐橋さんのたたずまいから、本当にきちんとした女性だなと感じました。勝手な妄想記事を書いたアサヒ芸能にリベンジするために、今度はグラビアページに登場してやってください!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白