芸能

「愛が生まれた日」大内義昭氏死去、藤谷美和子の追悼コメントはホンモノか!?

20150526fujitani

 音楽プロデューサーの大内義昭氏が、食道がんのため北九州市内の病院で亡くなったことが5月24日、わかった。

 大内氏といえば94年、藤谷美和子とのデュエット「愛が生まれた日」が大ヒットし、その年の紅白歌合戦にも出場している。今回の訃報に、藤谷は夫で舞台演出家の岡村俊一氏を通して、「とても寂しい。私にとっても大切な思い出の歌です。心からご冥福をお祈りします」とコメントを発表した。

 芸能誌記者は、このことに首をかしげる。

「本当に藤谷本人のコメントかは疑わしいですね。藤谷は05年の結婚直後から岡村氏と離婚したいと周囲に漏らしていました。12年には早朝に徘徊する姿を写真誌に撮られ、その際に岡村氏と連絡を取っていないことを告白しています」

 また、藤谷は長らく体調が芳しくなく、かつて岡村氏自身が「仕事はできない状態」と週刊誌に答えている。

 大内氏の死に即応するタイミングで、連絡を取っていなかった夫を通して発表されたコメント。「プッツン女優」と呼ばれた藤谷のコメントにしては、いささか型通りな文面にも思える。

 再び元気な姿を見せて、飛び交う憶測を払拭してほしいものだが‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
2
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」