スポーツ

サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「マイネルディーンの好走必至だ!」

20150716zz

 今週は福島で「七夕賞」が行われるが、3年連続で2桁人気馬が馬券に絡み、3連単の配当は12万、31万、59万と荒れ模様。今年も一筋縄では収まりそうもない。一方、中京の「プロキオンS」は、比較的堅めの傾向。

 今週のメインは、みちのく福島の名物レース、七夕賞である。

 サマー2000シリーズの皮切りで、高額ボーナスを手中にすべく役者がそろった。朝日杯FS勝ちのアルフレードを筆頭に、海外遠征経験があるトウケイヘイロー(GI香港C2着)、そして昨年の覇者メイショウナルトといったところだが、いずれも一息入ったあと。持てる力をフルに発揮できるのかどうか、微妙と言わざるをえない。

 荒れる重賞としてのイメージが強く、馬単が導入された02年以降、その馬単での万馬券は6回を数える。この間、1番人気に応えて勝った馬は3頭。2着も3頭で、2番人気馬は2着が2回あるのみ。ハンデ戦でもあり、人気どおり簡単に決まらない重賞と言っていいだろう。

 つまり、実績だけをうのみにしてはいけないということだが、はっきりしているのは充実期にある5歳、6歳馬が圧倒的に強いということだ(5歳馬が5勝、2着5回。6歳馬は6勝、2着3回)。

 では、ハンデを見てみようか。これも02年以降だが、重い斤量を背負った馬がよく連に絡んでいる。57キロ馬が最も多く4勝(2着1回)。続いて56キロ馬の3勝(2着2回)。それ以上の57.5キロ馬は2着2回、58キロ馬は1勝(2着1回)。これは意外だが、ローテーションがよく、いい状態を維持している実績、実力馬はハンデを背負っていても軽く見るべきではないということだろう。

 それからもう1つ言えることは牝馬の善戦だ。牝馬が暑さに強いことは知られているが、牡馬の中に入ればハンデも軽くなり、このあたりが影響してのこと。要注意だ。

 それでは前述したもろもろの傾向、特徴を踏まえて勝ち馬をあぶり出してみようか。浮かび上がる馬は有力候補の1頭レコンダイトなど何頭かいるが、中でも最も期待を寄せてみたいのは、マイネルディーンだ。

 前走の新潟大賞典6着のあと、ここ目標にたっぷりと乗り込んで臨戦態勢はキッチリと整っている。1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。スカッと締まった好馬体で、とても前走から2カ月も間が開いていたとは思えない好仕上がりにある。

「間隔を置いたのは当初の予定どおり。短期放牧を挟んでリフレッシュできており、とにかく雰囲気がいい。思いどおりに仕上がった」

 こう言って状態のよさを強調するのは鹿戸雄調教師だが、間隔を空けたのは陣営にとっては計算ずくのことだろう。なぜなら、鉄砲駆けが利く馬だからだ。

 デビュー戦を含め、間隔を置いた際は【2】【6】【1】【3】【1】着と抜群の好成績を誇っている。一語で気がいいタイプということだが、さらに平坦コース、特に福島との相性が〈1 0 2 0〉と実にいいのだ。ならば、この馬にとっては狙っていた重賞と言っていい。

 前走の新潟大賞典が54キロで、勝ち馬とコンマ3秒差の6着だったことを思うと、ハンデは据え置きか、うまくいくと53キロ。まさに走れる条件がそろっている。近親、一族にムービースター(中山記念など重賞4勝)など活躍馬が多くいる良血。極悪馬場にならないかぎり、好走必至と見て間違いない。

“一発”はフィロパトールだ。こちらは強調した夏に強い牝馬。まさに“紅一点”の存在で、目が離せない。休み明けを使われて3戦目。上り調子のうえ、福島は〈3 1 2 4〉と、めっぽう得意としている。ハンデは恐らく51~52キロ。走りっぷりから道悪になっても大丈夫そう。大勢逆転もあっていい。

◆アサヒ芸能7/7発売(7/16号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?