芸能

バイきんぐ・小峠英二がどうしても許せなかった元恋人坂口杏里の「あの件」

20150714sakaguchi

 7月14日放送の「有田チルドレン」(TBS系)に出演したお笑い芸人・バイきんぐの小峠英二が、2世タレントの坂口杏里と6月末に破局していたことを認めた。破局の理由を聞かれた小峠は、「実際に付き合い出すと、考え方だったり、価値観だったりが違うなとなったんです。半年ぐらい付き合ったんですけど、後半はあんまり会ってもなくて」と告白。別れ話については「話し合いだった」とし、円満な関係解消を強調していた。

 坂口の逆プロポーズから始まった熱愛騒動は、昨年12月10日に坂口の部屋を訪問した小峠が交際を正式に申し込んだことからスタート。当初から15歳の年齢差や見てくれの違いで二の足を踏んだ小峠が、肉食系女子の坂口に寄り切られる形だった。

「写真週刊誌にたびたび撮られるなど売名行為という声もあっただけに、小峠に利用価値がなくなったらポイ捨てされるのではないかと危惧されていました」(芸能記者)

 小峠はデート当日に仕事を理由にドタキャンされたり、ホストクラブで豪遊したりの夜遊び三昧を見せられても、大人の余裕で不問にしてきた。その小峠がどうしても許せなかったのが、5月13日に児童福祉法違反の容疑で逮捕された雑誌企画・芸能プロダクション「センディング」の元社長で、20代向け女性誌「jiggy」のプロデューサーだった田代仁(フィリピン国籍のベレン・オリバー・オリベッティ)容疑者との関係だったという。女性誌記者が言う。

「坂口は自身のブログで田代容疑者との親密な関係をアピールしていた。芸能界を目指す少女たちがその笑顔にだまされたのは、想像に難くない。少女たちが金を巻き上げられるなど毒牙にかかるのをほう助したとも言える。そんな男との付き合いが、小峠はどうしても許せなかった。男を見る目がなく、甘い言葉にすぐだまされる。ホストクラブ遊びと根っこは同じ。そんな危なっかしい女と結婚する気は毛頭ないし、だらだら付き合っていてもマイナスイメージが増えるだけ。最後は大人らしい割り切り方で坂口との交際にみずから幕を引いたのでしょう」

 小峠も今後は肉食系女子のがぶり寄りには気をつけた方がいいかも‥‥。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
加藤紀子の横バスト写真が艶すぎ!“蛭子能収も惚れたFカップ”が進化したッ
2
江川卓が「不思議でしょうがない」首を傾げる大谷翔平のプレースタイル疑問点
3
藤原紀香、ドレス胸元から“Fバスト渓谷”魅せ!深さと長さに過去最高の評価
4
前澤友作との交際報道で梅村妃奈子ファンの間で飛び交った“冷ややかな納得”
5
石川佳純のニット姿がキュートすぎ!引き締まったボディの“バスト変化”とは