芸能

「27時間テレビ」の“差別語Tシャツ”、実際どれくらいヤバいのか?

20150729_27hour

 フジテレビの「27時間テレビ」にて、白人を揶揄する差別語の「HONKY」が公式Tシャツにプリントされていた問題。フジテレビでは声明などを出していないが、これが欧米諸国であれば責任問題になる可能性もあり、同局が差別用語に関して無頓着なことを露呈するハメになっている。

 この「HONKY」という単語だが、おもにアメリカで使われるスラングで、80年代頃まではコメディ番組で黒人の出演者が口にすることもあったという。現代では古臭い言葉と認識されているようで、スポーツファンが対戦チームを侮辱する目的で使うときには白人が白人に対して用いることもあるという。

 とはいえ、話し言葉と書き言葉はまったく別の問題である。これが日本語だとしても、出演者が番組中で口にするのは許されても、それを公式Tシャツにプリントしたら問題になる言葉は少なくない。しかも欧米では、差別的な言説に対する社会的非難は非常に厳しいものがある。

 7月24日には人気プロレスラーのハルク・ホーガンが、黒人に対する差別的発言を理由に所属団体から解雇。その発言は8年前の私的な会話を盗み録りしたものだったが、これがスクープ記事になるとホーガンは解雇されるにとどまらず、プロレスラーの殿堂から展示物がすべて撤去される結果となった。

 一方、ドラマ「HEROES」で知られる俳優のマシ・オカは、日本滞在中に「27時間テレビ」をリアルタイムで観ていたひとり。彼は心配のあまり「差別用語だと知っているのでしょうか。。。」とツイートしていた。気を遣ったのか当該ツイートは日本語でつぶやいていたが、14万人のフォロワーがどう感じたのかは気になるところだ。

 ともあれ、ちょっと検索すれば差別的な言葉だとわかるのに、それを怠ったのは明らかにフジテレビ側のミス。公式グッズの制作に際しても、もう少し“本気”を見せるべきだったのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
“飯テロか?”指摘まで!浜崎あゆみ、「超肉感バックショット」にファン騒然
2
サラダやスープで…ナイナイ岡村の「胃袋をつかんだ」意外な相手とは?
3
「めちゃイケ」卒業の三ちゃん、重盛さと美もドン引きした異常すぎる性癖とは?
4
渋谷すばる退所で荒んでいた?錦戸亮が瑛太に中指立てフルボッコ被害が発覚!
5
ディーン・フジオカに「モンテ・クリスト伯」の“ピリピリ収録現場”証言!