芸能

キムタク、ジョン・ウー監督へのアピールでハリウッド進出なるか!?

20150730kimutaku

 SMAPの木村拓哉が台湾観光局のCMに出演する。メガホンをとったのは、映画「ミッション:インポッシブル2」などで知られるジョン・ウー監督。木村とは初タッグになる。

「現地でのキムタク人気は本物だった。一目見たさに(台湾の)松山空港ロビーに詰めかけたファンの数は約500人。台湾メディアもこぞって駆けつけ、テレビ中継車が空港周辺を取り囲んで大混雑となった」(芸能ライター)

 滞在期間は3泊4日。そのうち2日間は早朝から深夜までびっしり撮影。行く先々でファンが列をなした。台湾側もリージェント・台北のエグゼクティブスウィート(1泊52000元)を用意するVIP待遇で歓待されたという。

「今年の観光局の広告予算は5000万元(約2億円)。木村は日本でCM1本5000万円のギャラを取る売れっ子だが、今回は日台友好の意味を込めて、超破格の最低ギャラで契約してもらったそうだ。10月からCMがスタートすれば、テレビ、ネット、空港、飛行機の機内までCMが流れ、キムタク一色になる。その宣伝効果は計り知れない。日本観光大使に起用された後輩グループの嵐は、ノーギャラのボランティア出演。その代わり、国をあげて日本を代表する顔としてPRしてもらい、億単位の効果があった。今回もSMAPの台湾公演を視野に入れての出血大サービスなのだろう」(広告代理店関係者)

 もちろんキムタクにも大きな計算があった。それは今や押しも押されもせぬハリウッドの巨匠となったウー監督へのアピール。自分の仕事にはとにかくこだわり、台詞だろうが、美術だろうが口をはさみたがる性分のキムタクが、今回ばかりは監督の指示通りに動いていたという。

「滞在中は一言の不平不満も漏らさず、エキストラのせいで14回も撮り直しさせられても、不機嫌にならなかった。滞在先のホテルでもわがままなリクエストをせず、お忍びで夜遊びするやんちゃもなく、ジェントルマンぶりを貫いたそうだ」(前出・広告代理店関係者)

 最終日には、1本6900元のグッチのネクタイを買い求め、8人のボディガードら台湾関係者に感謝のしるしとしてプレゼント。別れ際に堅い握手をして再会を約束したという。

「この話が伝えられるや、キムタクは公開中の主演映画のタイトルに引っ掛けて『HERO』と呼ばれるなど、大いに株をあげた。ウー監督も俳優・キムタクに太鼓判を押したそうです」(前出・芸能ライター)

 キムタクのハリウッド進出に1歩近づいた!?

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」