スポーツ

半生ドキュメント本で激白!長州力を生んだ“在日という源流”「韓国代表としてミュンヘン五輪に出場」

20150806n

 長州が新日本において「現場監督」という立場で辣腕を振るい始めた90年、破格の待遇でデビューを飾って間もない元横綱・北尾光司とトラブルが起きた。

「北尾は練習嫌いで、言われてもやらなかった。長州さんはふだんから『お前、練習しろよ。ただじゃ済まねえぞ!』と叱りつけていたのですが、変わりませんでした」(興行関係者)

 そして7月、青森での巡業の際、試合に出ないとゴネ始めた。さらには、長州が怒ってバスから降りるように促すと、平然と降り、

「うるせー、この朝鮮野郎!」

 と罵ったのだ。

 長州はその瞬間、教師に殴られた小学3年生に戻った錯覚に陥ったというが‥‥。

「『何でも聞いてください』と言う長州さんはその状況を普通に話しだし、丁寧に説明してくれました。例の発言を浴びた際については『僕は顔色を変えなかったですよ』と何度も口にしていた」(田崎氏)

 話を青年期に戻そう。

 理不尽な差別に耐えた少年時代だったが、中学以降は未来の片鱗を見せるかのようにケンカで名を上げ、敵なしだった。高校はレスリング部に勧誘され、特待生として授業料免除で入学。国体で優勝したが、国籍がネックとなり、直後のアメリカ遠征メンバーには選ばれなかった。監督は日本代表に選ばれることを想定して帰化を進言したが、長州の兄は首を横に振り、

「同胞が取り合ってくれんようになる」

 と、こぼしたという。

 そんな長州が五輪出場を果たしたのは、専修大学レスリング部時代である。

「血気盛んな当時はヤクザをボコボコにのして、倒れている相手に『俺を誰だと思ってるんだ。明治大学の柔道部だぞ!』と捨てゼリフを吐いたことがあるそうです。翌日、黒塗りの車が専大と同じ生田にある明大へ。『明治に向かって行ったぞ。アッハッハ』と笑っていました」(元新日本関係者)

 豪快な長州といえども、国籍問題をクリアするために韓国代表で臨んだミュンヘン五輪は勝手が違った。同部屋の同胞と言葉も通じないという環境だ。

〈「ぼくは退屈しないように、アキバかどっかで音楽を聴くプレーヤーとヘッドフォンを買っていったんです。彼らにとっては滅茶苦茶珍しい。それをしょっちゅう借りにくるんです。貸すのはいいけど(中略)正直言えば、盗むことが多い」

 “母国”韓国人にとって光雄は同胞であり、日本で育った妬みの対象でもあった(後略)〉

 長州はこうした苦労を言い訳にすることはなかったが、五輪で思うような成績は残せなかった。それでも全日本、新日本という2大プロレス団体からスカウトを受け、新日入団を決意したのだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性