芸能

批判が続出!武井咲のビッチすぎる行動に「エイハラ」の視聴率が急降下

20150825takei

 8月20日に放送された武井咲主演のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)第6話の視聴率が7.7%だったことがわかった。この数字は同ドラマにおいて自己ワースト記録となる。

「今期、各局のドラマが苦戦する中、『エイジハラスメント』は初回から3話まで9%台とまだ健闘しているほうでした。そして4話で一度、8%台まで下がったものの翌週は再び9%台と持ち直し、このまま最終回まで数字を上げていくかと思われていた。しかし6話にきて自己最低の7.7%という自己最低記録を出してしまったのです」(テレビ誌記者)

 テレ朝の木曜21時台といえば前クールは、木村拓哉主演「アイムホーム」が最終回で19%の高視聴率を叩き出した枠である。しかしわずか2カ月で視聴率は10%以上もの下落となっている。

 また今回、自己最低記録を出してしまったのは、武井演じる主人公の突然のキャラ崩壊が原因だという。

「『エイジハラスメント』は、様々なハラスメントに1人の新人OLが立ち向かうといった社会派ドラマを視聴者からは期待されていました。序盤の主人公はそのようなキャラが保てていたものの、第5話の終盤で突然、上司の小泉孝太郎とあまりに簡単にベッドインするという急展開。これには視聴者も『ビッチすぎる!』『一気に面白くなくなった』『自分が五寸釘ぶち込まれてどうする』など批判が続出。さらに最新話では、主人公が上司との恋に浮かれるだけの年相応の女子になっており、視聴者の期待を悪い意味で裏切ってしまった。それが今回、数字として現れてしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 社会派ドラマが一転、昼ドラ化したことで、当初の視聴者から批判が殺到している「エイジハラスメント」。今後、このまま男女のドロドロ展開をメインにすることで、新たな視聴者を獲得することができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
5
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗