芸能

批判が続出!武井咲のビッチすぎる行動に「エイハラ」の視聴率が急降下

20150825takei

 8月20日に放送された武井咲主演のドラマ「エイジハラスメント」(テレビ朝日系)第6話の視聴率が7.7%だったことがわかった。この数字は同ドラマにおいて自己ワースト記録となる。

「今期、各局のドラマが苦戦する中、『エイジハラスメント』は初回から3話まで9%台とまだ健闘しているほうでした。そして4話で一度、8%台まで下がったものの翌週は再び9%台と持ち直し、このまま最終回まで数字を上げていくかと思われていた。しかし6話にきて自己最低の7.7%という自己最低記録を出してしまったのです」(テレビ誌記者)

 テレ朝の木曜21時台といえば前クールは、木村拓哉主演「アイムホーム」が最終回で19%の高視聴率を叩き出した枠である。しかしわずか2カ月で視聴率は10%以上もの下落となっている。

 また今回、自己最低記録を出してしまったのは、武井演じる主人公の突然のキャラ崩壊が原因だという。

「『エイジハラスメント』は、様々なハラスメントに1人の新人OLが立ち向かうといった社会派ドラマを視聴者からは期待されていました。序盤の主人公はそのようなキャラが保てていたものの、第5話の終盤で突然、上司の小泉孝太郎とあまりに簡単にベッドインするという急展開。これには視聴者も『ビッチすぎる!』『一気に面白くなくなった』『自分が五寸釘ぶち込まれてどうする』など批判が続出。さらに最新話では、主人公が上司との恋に浮かれるだけの年相応の女子になっており、視聴者の期待を悪い意味で裏切ってしまった。それが今回、数字として現れてしまったのでしょう」(前出・テレビ誌記者)

 社会派ドラマが一転、昼ドラ化したことで、当初の視聴者から批判が殺到している「エイジハラスメント」。今後、このまま男女のドロドロ展開をメインにすることで、新たな視聴者を獲得することができるだろうか。

(森嶋時生)

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
沢尻エリカ、まさかのドラマ登場で「池田エライザとのバスト対決」が話題に
4
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
5
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!