芸能

もう飽きた!キムタク&福山雅治の「抱かれたい男」ワンツーはあと何年続く?

20150902fukuyama

「そうなの? いが~い!」

 ゲストの芸能人たちが一斉に声をあげたのは、60歳以上の女性を対象にした「抱かれたい男ランキング」。8月30日に放送された「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館 2時間SP」(テレビ朝日系)での1コーナーだ。

 まず手始めに「若い女性が抱かれたい男ランキング」が発表され、1位・福山雅治、2位・木村拓哉‥‥とランキングが発表されると、高嶋政宏やサバンナ、藤田朋子らゲスト陣も「あ~!」と半ば納得したような声をあげていた。

 ところがその後、街頭でのコメント映像をまじえて60歳以上を対象にしたランキングが発表されると同時に、「えーっ!」という驚きの声があがった。なんと、1位が福山雅治、2位は木村拓哉‥‥若い女性と同じワンツーフィニッシュになったからだ。これにはくりぃむしちゅーの有田が「福山さん最強だね、どこへ行っても抱けるんだね!」と発言して笑いを取っていたが、視聴者からは「色ボケばばあ」などの厳しいツッコミ以外に、「そう言っとけば大丈夫みたいな空気ないか?」「ウチの69歳の母ちゃんもこの2人以外は知らない!」「このワンツーに飽きた」など、冷めた声が多かったのが特徴だ。

「3位が渡瀬恒彦で4位が石原裕次郎、ほかに加山雄三などですから、還暦女性たちが若かりし頃の銀幕スターが並んでいますよね。そういう意味で、福山とキムタクは“お年寄りでも顔と名前が一致するイイ男”として往年のスターと並ぶ域まで達したということでしょう。そう言っておけば間違いない、という指摘も正しいと思います。この2人の共通点はテレビでも視聴率を稼げ、さらに映画でも動員を見込めるということ。他の若手とは違うファン層がいるという証明ですね。10位に佐藤健が驚きのランクインでしたが、彼も最近は『天皇の料理番』(TBS系)が好評でしたし、映画でもしっかり動員できています。大げさにいえば、福山やキムタクの後継者かもしれません」(週刊誌記者)

 なるほど。しかし、視聴者の「このワンツーに飽きた」という意見もうなずける気がする。かつて雑誌「anan」が「好きな男ランキング」を毎年発表していたが、キムタクは94年から08年までV15、さらに99年からは2位が福山となって、このワンツーが08年まで10年も続いた歴史がある。

「ananは09年からこのランキングを発表していませんが、どうやら09年からは福山が1位となり、キムタクが2位以下に落ちたことでジャニーズ事務所への気づかいから発表をやめたと聞いています。それでも今は2015年。1999年からこの2人が『抱かれたい男』ワンツーを17年続けているとしたら、こんな国は他にないですよね。海外ではこういったランキングは毎年のように1位は変わりますし、いかに日本の芸能界に何か大きな圧力があるというか、血の巡りが悪いかという裏返しでもあります。ですから、この2人がワンツーだからといって、本当に抱かれたい2人なのかどうかは怪しい。番組でゲストが『意外!』と言ってましたが、その言葉を翻訳すると『またこの2人かよ~』と嘆いていたようにも聞こえました」(女性誌編集者)

 福山46歳、キムタク42歳、いくら全国の女性たちに「抱かれたい」と懇願されても、アソコの元気もままならない年代に入ってきた。この不動というべき2強時代をぶち壊す、ビンビンの新スター台頭はいつになるだろうか!?

(三崎康太)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”