芸能

「あの表情にゾクッ」、ドラマ「デスノート」窪田正孝の才能が開花した瞬間

20150906kubota

 8月30日、窪田正孝主演ドラマ「デスノート」(日本テレビ系)の第9話が放送され、平均視聴率11.7%を記録した。人気漫画が原作で、今作は主人公を天才から平凡な大学生に設定変更したことなどが放送前から批判を浴びていた。ドラマ関係者が語る。

「注目を集め、第1話は今年の民放ドラマの初回で最高の16.9%を記録しましたが、好評だった2006年の映画との比較もあって下がり、第5話では8.2%まで落ち込みました。それが、主人公の月(ライト)が平凡な大学生から天才に覚醒していくと同時に視聴者も食いついてきて、徐々に数字を上げています。これはひとえに窪田くんの演技力の賜物ですね。特に第7話でデスノートを触ってキラの記憶を取り戻した月が『計画通り』と心の中で言うシーンでは、窪田くんの『したり顔』の表情にゾクッとしました」

 そんな窪田が演技派俳優として覚醒したのは、2013年にアリダ役で出演した作・唐十郎、演出・蜷川幸雄の舞台「唐版 滝の白糸」だという。演劇関係者が語る。

「当初、台本を読んでも言葉の意味が全く分からなかったという窪田くんは、ポスター撮影の際、勇気を出して蜷川さんに『教えて下さい』と直談判しました。

すると、『僕も分からない。頭で考えず体で反応しながらやればいいよ』と言われ、真っ白な状態で臨んだそうです。厳しいと有名な蜷川さんの演出と、名優・平幹二朗さんとの40分に渡る二人きりのシーン等が刺激になって、一気に開花しましたね。舞台上で変貌していくアリダと、俳優として成長していく窪田くんの姿が絶妙に重なり、生々しい感情の発露には息を飲みました」

 2006年の映画版とよく比較されるドラマ「デスノート」だが、映画で主人公・月を演じた藤原竜也は、くしくも窪田の前、2000年に『唐版 滝の白糸』で同じアリダを演じている。クライマックスに向け、窪田のさらなる「覚醒」が楽しみだ。

(中村葵)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
2
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
3
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?
4
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
5
重大発表も物議!フワちゃんより“天狗になっている意外な人物”とは!?