社会

有名男女が巻き起こした“盗作騒動”「五輪エンブレムを撤回した佐野研二郎氏の論理」

20150917b

 9月1日、佐野研二郎氏がデザインした五輪エンブレムが撤回された。ネットで検証が始まった前代未聞の「盗作騒動」。だが、文学・音楽・漫画に至るまで多くの表現活動は「盗作」の歴史でもある。それは「模倣」という名の「文化継承」なのか、はたまた「習慣病」か。有名男女がやっちゃった「黒歴史」を公開する!

 東京五輪のエンブレムを巡ってデザイナーの佐野研二郎氏に噴出した“パクリ疑惑”。ネット上では過去の作品にも検証が加えられ、「佐野研二郎デザイン」をウリにしたサントリーのノベルティでは、

「スタッフがやった」

 と盗作を認めざるをえなくなるなど、疑惑が一気に拡大したことは周知のとおり。9月1日に佐野氏は、

「これ以上は、人間として耐えられない限界状況」

 とコメントを発表。大会組織委員会からの実質的な撤回勧告を受け入れる前代未聞の事態となった。

「佐野氏は最後まで『模倣や盗作は断じてしていない』と主張しています。つまり盗作ではないけれどネットやマスコミで“悪しきイメージ”が広まったため、しかたなく取り下げた、という論理です。責任の所在をはっきりさせないまま臭いものには蓋をしてしまう日本式の決着だったと言えます」(全国紙社会部記者)

 それでも決定が白紙に戻ったことは、これまでの“盗作事件”の歴史を見ると珍しいことだ。というのは、過去の「黒歴史」を徹底調査してみると、これまでもさまざまな分野で“パクリ”が話題となってきたものの、そのほとんどはウヤムヤのまま闇に葬り去られてきた経緯がある。

「こうした日本社会の持つ“甘さ”が今回の騒動の土壌になっていたことは否めません。オリンピックという世界的に注目を集め、かつ莫大な金が動く舞台だったこと、またネットという炎上を増幅させる舞台装置がフルに威力を発揮したこともあって、ここまでの大騒動になりました」(前出・社会部記者)

 多岐にわたる分野で起こる“パクリ疑惑”。その代表格といえば、長い歴史を持つ文学の世界であろう。文学界における盗作事件の数々をまとめた栗原裕一郎氏による「〈盗作〉の文学史」(新曜社)によれば、盗作事件とは、

〈基本的に、何かしら議論や波紋を呼んだもの〉

 同書で報告されているパクリの多さには、驚きを通り越してあきれてしまうほどだ。何せ大正から昭和初期にかけての文壇では、作家の「代作」が制度化しており、文学史に名前を残す大作家たちが平気で手を染めていたという。

 象徴的なケースが夏目漱石の門人で芥川龍之介、菊池寛らとともに雑誌を創刊したこともある有名作家・久米正雄のエピソード。

 昭和2年、久米が発表した小説「安南の暁鐘」が、無名の作家から預かった原稿に数行書き足しただけだったことが発覚。ところが久米は、使ってくれと頼まれたから使ったまでだと開き直り、久米を批判する作家仲間もほとんどいなかったという。

 現在では考えられない話だが、久米の師である漱石も旧知の書生を助けるために「代作」を斡旋。久米の文学仲間で、のちに文藝春秋社を創設した菊池寛も代作が多いことで有名だったというが、多くの人間の面倒を見ていたということで、逆に人望を集めていたというからおもしろい。

「あの尾崎紅葉も弟子の作品を自作として発表していたそうですからね。まだ著作権やオリジナリティといった概念が希薄な時代だったということでしょう」(文芸誌編集者)

 もっとも権利意識が明確になり、情報網も発達した今の時代では、こうした行為が完全に「盗作」であることは言うまでもない。

 そんな文学界で最も有名な「盗作騒動」作家といえば「白い巨塔」「華麗なる一族」「不毛地帯」「沈まぬ太陽」など、数々の著書がドラマ化・映画化されたベストセラーで知られる故・山崎豊子氏だろう。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
4
SKE48大場美奈、不意に襲うビリビリ電流で下半身押さえる姿にファン騒然
5
女もヤル気満々!?“板尾創路に性的被害受けた”報道に板尾擁護続出のワケ