スポーツ

プロ野球”黒いドラフト”封印された真相「根本陸夫氏が使ったドラフトの裏技とは?」

20151029c

 ドラフトにまつわる事件において忘れてはならないのが、「球界の寝業師」の異名を取った根本陸夫氏の奇想天外な手法である。西武・管理部長時代の86年ドラフトで、森山良二を単独1位指名した一件は、球界に衝撃を与えた。スポーツ紙デスクが当時を振り返る。

「まったくリストに入っていない投手でした。ドラフト当日、スポニチだけが『西武 隠し玉』というタイトルで報じ、そこで初めて存在を知ったほど。所属は『ONOフーズ』という、誰も聞いたことのない企業でした。実は根本氏は野球部のないこの会社に森山を入社させ、表に出さないようにした。野球部がないから都市対抗戦に出たという話も聞きません。出たら注目されるでしょうからね。どうやら母校である福岡大附属大濠高のグラウンドでコッソリと練習させていたらしいんです。寝業師の実力をまざまざと見せつけられた事件でしたね」

 その2年後、西武はNTT四国の渡辺智男を巡って騒動を起こす。

「ドラフト1カ月前に右肘を手術し、プロ入り拒否を宣言していましたが、西武が1位指名した。渡辺は『こんな手術をしてプロに行けるわけないでしょう、今年は』と話し、肘を見せてくれました。『ね、無理ですよ』と。見ると、ねずみ(遊離軟骨除去手術)だということなのに、20センチぐらいの長い傷痕がある。靭帯手術ぐらいの大きさで、かえって怪しいなと思いましたね。実は事前に、ただ肘を開いて縫っただけの“ニセ手術”ではないかとの情報があったんです」(スポーツライター)

 この攪乱作戦を指揮したのはもちろん、根本氏。その後、渡辺は西武に入団するのだが、球界OBもこう言うのだ。

「指名後直ちに入団すると言えば出来レースだとバレる。西武は『ウチは肘が治るまで2、3年は体力作りをさせるから。潜在能力は問題ない』と説明していたけどね」

 後年、ある関係者が渡辺本人にこの件について真相を尋ねたところ、「ヘヘヘヘ‥‥」と笑って、否定はしなかったという。

 ケガの偽装工作といえば、80年に広島から1位指名を受けた川口和久にも当てはまる。球団関係者が言う。

「実は、川口は高校生の時に一度、ロッテに6位指名されて断っています。その後、社会人のデュプロに入った。広島はこの時まだ、上位指名するとは考えていませんでしたが、川口はこの社会人時代に開花し、一気に上位指名候補に躍り出ました」

 そこで広島は、川口が他球団に指名される危険性を回避すべく、囲い込みの頭脳作戦に出ることに。球団関係者が畳みかける。

「担当スカウトが川口に1年間、『肘が痛い』と言い続けさせた。他球団にまんまとこれを信じ込ませ、単独指名に成功したのです」

 当然ながら、肘痛はウソであるため、入団後のキャンプ、オープン戦でも堂々とした投球を披露。その後の活躍は周知のとおりである。

 今年のドラフトは10月22日に開催される。前出・スポーツ紙デスクは言う。

「しかし、近年は裏ワザを使うスカウトがほとんどいなくなったな‥‥」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!