社会

予備軍入れて800万人…認知症にならないのはどっち?究極の鉄則11項目!「脳を使う競馬は効果的?」

20151126h

 気分転換と実益を兼ねて、

【9】ギャンブルをするなら「競馬」か「宝くじ」か?

「ギャンブルというのはお金をかけるリスクによって緊張感が生まれて、それが『損をしたくない』『できれば勝ちたい』という意欲につながる。軽度のものであればストレスは脳を程よく活性化させます。そう考えると、宝くじは単なる偶然なので、さほど脳も使わないのでは。競馬はデータをあれこれ調べながら、どの馬が来るのかを必死に考えますし、そこには思考と選択がある。脳にとっては競馬のほうが断然いい」

 好きなメロディに浸るのも、万人共通の趣味。

【10】音楽を聴くなら「懐かしの演歌」と「人気の新曲」のどっちがいい?

「この曲がヒットした頃はあんなことをしていたなぁ、と振り返る。誰でもそんな経験はあるはずです。知っている曲は過去の体験として耳に入ってくるため、なかなか歌詞をかみしめることがありません。それでは過去を振り返るだけで、脳への刺激はほとんどない。ところが、歌詞をかみしめ、自分が主人公になった気分で情景を想像してみると、脳は大きな刺激を受け、さらに歌詞をしっかり歌うと左脳が活性化します。どんな歌かというより、聴き方ひとつで脳への影響は異なるということです」

 カラオケを歌う際は「人気の新曲」に挑戦すべきで、

「懐かしい演歌も過去の記憶を思い出すことで脳には有効ですが、新曲を歌うほうが、より流行に敏感に反応しているという意味で、脳への刺激は大きくなる」

 新しい世界に目を向けることが必要なのだ。そして中高年の趣味の王道といえば、

【11】「ゴルフ」と「釣り」どっちをやるべきか?

「それぞれに利点はあります。ゴルフはコースに出て歩くことで程よい運動効果が得られますし、気の合う仲間とラウンドすればコミュニケーションも盛んになります。一方、釣りはたいがい1人です。コミュニケーションもなく、刺激もありません。ところが、魚をひたすら待ち、水面の浮きをじっと見つめている時間というのは、脳にとてもいい効果をもたらすんです。これは瞑想に近い状態で、脳を大いに活性化させる。しかも釣った魚で料理をして周囲にふるまったり、写真を撮ってブログにアップすれば、楽しみも広がる」

 米山氏はこう総括する。

「認知症の特効薬ができていない以上、その時が来るまで発症を遅らせるしかない。そのためには一度、自分の日常を見直し、脳が活性化できるよう積極的に習慣を変えていくこと。結局は、ちょっとしたくふうと努力の積み重ねが予防につながる。それに尽きます」

 手遅れになる前に、ぜひ実践してみるべし。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
2
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到
3
沢尻エリカ、まさかのドラマ登場で「池田エライザとのバスト対決」が話題に
4
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
5
「新番組発表」とんねるず石橋貴明、TVレギュラーが消えたとしても困らぬ理由!