スポーツ

TV・新聞が報じないプロ野球“メジャー移籍戦線”交渉現場「注目が集まる広島・前田健太の評価額は?」

20151203a

 プロ野球のストーブリーグが海の向こうでも幕を開けた。海外FA権やポスティングシステムを使ってメジャー移籍をもくろむ大物選手たち。交渉現場では札束が飛び交う争奪戦が繰り広げられる一方で、日本の報道とはまるで異なる評価とやり取りもあったのだ。

 11月上旬にフロリダ州で開かれた、メジャーリーグのGM会議。その水面下では、日本のメディアが報道しない生々しい争奪戦がスタートしていた。注目されるのは、ポスティングによるメジャー移籍が濃厚と見られる広島・前田健太(27)だ。メジャー各球団は数年前から日本にスカウトを派遣して前田を調査。最も熱心なダイヤモンドバックスをはじめとして、ドジャース、レンジャーズ、カブス、レッドソックス、パドレスなど、5球団以上が名乗りを上げている。

「マエケンのポスティング移籍には上限24億円の入札金が必要ですが、年俸10億から15億円の5年契約を基本とした争奪戦が展開されそうです。100億円未満で収まる『お買い得選手』で、メジャーでは先発ローテの3番手から5番手の評価ですが、WBCなどの結果を見ると、確実に勝ち星が計算できるため、人気が集まっているのです。先発投手が手薄で一線級を取り損なった球団が、余った資金をつぎ込み、入札金と合わせ総額100億円を下限とした大型契約を持ちかけることも考えられます」(現地メジャー関係者)

 2年前に楽天からヤンキースへと移籍した田中将大(27)の7年190億円という大型契約と比べて約半分の評価。だが、今季の推定年俸が3億円のマエケンにしてみれば、約3倍から5倍以上もの年俸を手にすることになる。蓋を開けてみれば10球団以上の争奪戦に発展する可能性は大だ。

 しかし、全ては広島がポスティング移籍を認めなければ始まらない。「プレミア12」が終わりしだい、広島は方針を発表すると見られるが、なかなか煮えきらない理由がある。凱旋帰国した「男気」黒田博樹(40)の進退が決まらないからだ。今季最終戦後も来季の現役続行を断言せず、球団関係者をやきもきさせている。

「もし黒田が引退となると、広島は最後にもう1年、マエケンを残留させる可能性がある。エース級が2人同時に抜けるのは非常に痛いですよ」

 とは、広島のスポーツメディア関係者の声である。

 GM会議で黒田の代理人がメジャー球団に売り込みはかけなかったが、「クロダはどうするのか。またメジャーに帰ってくるつもりはあるのか」と、復帰オファーを念頭に置いて情報収集しているメジャー球団関係者の姿も見られた。黒田を巻き込んでのマエケンの動向を注視する必要がある。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
4
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」